空の旅と身近な風景


飛行機での旅が大好き!
by 彩雲
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:00
rosa55555さん、..
by sai-unn at 10:57
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:23
3日間の出張、お疲れ様で..
by rosa55555 at 22:38
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:33
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:30
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:26
お写真の中にある建設中だ..
by rosa55555 at 22:21
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:14
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:11
イチオシブログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
豪雪に磨かれた岩壁と高山..
from dezire_photo &..
羽田空港
from ★お気楽にょろちゃん★
6月の徳川園、菖蒲池のカ..
from 旅とお散歩、あちらこちら
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


岩手に行ってきました。(その3)

八幡平の山頂付近から秋田県へと入り、Uターンして再び岩手県に入って今度は別のルートをドライブします。
雪の回廊を見ながら次第に標高は下がり始めていきます。
車の通行も少ない道を約30分ほど走ると、芭蕉沼と書いている看板が立っている場所がありました。
車を止めて見てみることにしました。

フキノトウが真っ白い花を咲かせている様子を見ながら、沼へと続く遊歩道を歩きました。
c0172180_856358.jpg


残雪が残り、足場の悪い道を進むと間もなくして木々の間にたくさんの水芭蕉が群生している様子が見えてきました。
c0172180_858387.jpg


こんなにたくさんの水芭蕉を見るのは初めてで、思わずすごい!と声が出てしまいました。
雪解けの水かと思いますが、澄んだ水が勢いよく流れている中で真っ白な水芭蕉が遠い春の訪れを待っていたかのように見えました。
c0172180_93849.jpg


c0172180_9255429.jpg


春を感じる芭蕉沼を後にして、白樺並木を見ながらお昼ご飯を食べるためにある場所に向かいました。
c0172180_954415.jpg


岩手県から秋田県を通って青森県へと続く国道282号線沿いにある八幡平市の道の駅"にしね"です。
c0172180_984919.jpg


桜が開花している最中の土曜日とあって道の駅は車を止めるにも一苦労するほど混み合っていました。
やっと駐車場に車を止めることができ、早速、建物の中にあるレストランへと向かうと多くの人で賑わっていました。
混み合っている中で何とか空いている席を見つけて、人気のある焼肉丼を注文しました。
c0172180_916697.jpg


c0172180_9161455.jpg


ご飯がたっぷり入った器に地元の八幡平牛のお肉が甘めに味付けされていてボリューム満点でとっても美味しかったです。
また、生産量が日本一の山ブドウのジュースも付いていて甘酸っぱくてとても爽やかなお味でした。

お腹いっぱいになったところで、今度はデザートとして全国的にも生産量や品質がトップクラスで天皇賞を受賞したこともある地元のほうれん草を使ったほうれん草ソフトをいただきました。
c0172180_921775.jpg


ほうれん草の青臭さとはなく、とてもあっさりしていてとても美味しかったです。

こちらのレストランでは地元の野菜やお肉を使って、地元の方はじめ車で通った県外など遠くの方にも八幡平市の美味しい食材を使った料理を提供するなどして地産地消を行っているようで素晴らしいことだと思いました。
[PR]

by sai-unn | 2015-05-05 09:26 | 日常 | Trackback | Comments(8)

岩手に行ってきました。(その2)

雪の回廊を通り抜けると、小岩井農場で間近に見えた岩手山を別の角度から見ることができました。また、山の稜線が目線の高さに見えるなど、だいぶ標高の高い場所を走っていることを感じました。
c0172180_926467.jpg


c0172180_9262722.jpg


どんどん山頂方面へ車を進めると途中で工事をしている箇所があり、信号機が設置されていました。
付近に作業員と思われる方が立っていたのですが、雪の高さが人の背丈の2倍以上あることがこの写真からも判るかと思います。
c0172180_9343612.jpg


工事作業を行っている場所から車で2~3分走らせると山頂付近に到着しました。
駐車場には県外ナンバーを付けた車が多く止まっていて、観光客の方たちは気温が3℃ほどで風の強い中、高く積み上げられた雪の上を歩いていました。
c0172180_9375634.jpg


駐車場から数分ほど坂道を歩くと岩手県と秋田県の県境があり、付近にはレストハウスなどがあります。
強い風と寒さでレストハウスの中に入り、ストーブが炊かれている暖かい室内で少し体を休めて、お土産などを購入して、再び車を止めた場所に戻る途中で傾斜のある雪原の上を動いているものが見えました。(写真の真ん中に見える植物が生い茂っている場所のすぐ左です。)
c0172180_9435690.jpg


ズームしてみるとストックを手にして雪原を登っている人でした。
c0172180_9445636.jpg


八幡平では山スキーで訪れる方も多いとのことで、晴天の中で遠くの山々を見ながら滑るスキーも楽しいだろうなと思いました。

再び車を走らせ、秋田県仙北市へ入りました。
c0172180_9481148.jpg

このあと少し走った後、Uターンしたのですが、写真に写っている標識では十和田湖まで80km、田沢湖へは69kmと表示されていて、この周辺は温泉も含めて観光地が多く、夏場になると多く人も訪れる場所であることを改めて実感しました。

再び、秋田県仙北市から岩手県八幡平市へと入り、行きとは違うルートで雪の回廊を通りながら山を下りて行きます。
c0172180_9525584.jpg

[PR]

by sai-unn | 2015-05-03 09:54 | 日常 | Trackback | Comments(6)