空の旅と身近な風景


飛行機での旅が大好き!
by 彩雲
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:00
rosa55555さん、..
by sai-unn at 10:57
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:23
3日間の出張、お疲れ様で..
by rosa55555 at 22:38
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:33
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:30
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:26
お写真の中にある建設中だ..
by rosa55555 at 22:21
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:14
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:11
イチオシブログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
豪雪に磨かれた岩壁と高山..
from dezire_photo &..
羽田空港
from ★お気楽にょろちゃん★
6月の徳川園、菖蒲池のカ..
from 旅とお散歩、あちらこちら
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


富良野までの車窓からの景色(その2)

道央道滝川インターチェンジで高速を下り、国道38号線を通って富良野へと向かいます。

高速道路走行中のスピード感溢れる流れるような景色の速さから、今度は国道を走行して景色の流れる速さものんびりゆったりとしてきました。

国道沿いからも川が流れる景色や田園風景、さらに途中通過した芦別市の素敵なネーミングの看板、再び川の景色やゴルフ場かなと思われれる緑鮮やかな芝の景色を楽しみ、富良野市内に入ると小学校のグランドでそれぞれ動き回っている子供たちの元気な様子を見ることができました。
c0172180_13591097.jpg


c0172180_1359271.jpg


c0172180_1359796.jpg


c0172180_13595125.jpg


c0172180_141066.jpg


c0172180_140313.jpg


バスは札幌を出発して約2時間半ほどで富良野駅前に到着しました。
c0172180_141375.jpg


富良野に到着してまず駅舎前にあった面白いお人形があったので撮ってみました。
c0172180_14131739.jpg


富良野市は北海道の中央に位置することから、富良野市では北海へそ祭りという上半身に人の顔の絵が描かれて顔は布のようなもので隠して踊るユニークなお祭で、毎年7月に開催されています。
駅舎前に立っていたお人形はそのへそ祭りをイメージしたものでした。

さらに駅舎前には富良野と言ったら思い出す、紫色のラベンダーも出迎えてくれました。
c0172180_14112420.jpg

[PR]

by sai-unn | 2015-01-31 14:10 | その他 | Trackback | Comments(12)

富良野までの車窓からの景色(その1)

札幌駅前バスターミナル内でバスを待っているとしばらく富良野行のバスがやってきました。
c0172180_9223560.jpg


早速乗り込みました。出発時間までの数分間でどんどんお客さんが乗車し、席の3分の2ほど埋まるほどの方が乗車しました。観光地へと向かうバスだけあって多くの方が朝早い時間から乗るのだなぁ~と思いました。

バスは駅前バスターミナルを出発して、次のバスターミナルへと向かいます。
札幌市中心部の景色を見ながら富良野までのんびり車窓の景色を楽しもうと思います。
c0172180_92822100.jpg


次のバスターミナルからもお客さんが乗り込み、約8割ほどの席が埋まりました。
c0172180_9282919.jpg


多くのお客さんを乗せたバスは、市内中心部より道央道札幌インターチェンジより高速道路を走行します。
車窓から見える景色は、市街地の高層ビルや住宅地などが大半でしたが、次第に牧草をロール状にした光景が見られたり、緑鮮やかな田んぼの景色が広がっていました。
c0172180_9321797.jpg


c0172180_9322523.jpg


田園風景が広がる中、バスは北上を続け、途中いくつかの高速道路上にあるバス停に立ち寄りながら進みました。

札幌を出発した頃はどんより曇っていましたが、次第に雲も取れ始めて青空が見えるようになってきました。
c0172180_9344661.jpg


バスは札幌を出発し1時間ちょっと経ったところで、停留所のある砂川市の砂川サービスエリア内に入りました。
お洒落な建物の前にあるベンチ等でソフトクリームを食べたりジュースなどを飲んでいらっしゃる方が多く見られました。
c0172180_938115.jpg


また、サービスエリア内には本物かと思うようなひつじのオブジェがあり、ひつじさんの上にお子さんを乗せていらっしゃる親子連れの方もいました。
c0172180_9402029.jpg


砂川サービスエリアを出発して、車窓からは稲の葉の鮮やかな緑色とは違う少し色合いの作物が植えられている畑が広がっていました。
c0172180_9433236.jpg


しばらく走った高速道路ともお別れして、滝川インターチェンジより国道38号線に入り一路富良野へと向かいます。
[PR]

by sai-unn | 2015-01-19 09:45 | その他 | Trackback | Comments(10)

札幌から富良野へ

新千歳空港に到着し、空港からはバスに乗って札幌市中心部へと向かいます。

バス停でしばらく待っていると札幌行のバスがやってきました。
c0172180_9171562.jpg


多くの方がバスに乗り込み、バスはターミナルビルを出発しました。
ターミナルビルを出発後は、空港内の管制塔や施設等の建物などが立ち並び、目の前には飛行機が通過する迫力ある光景なども見ることができました。
c0172180_9195890.jpg


c0172180_920591.jpg


バスは空港を後にして、道央道、国道36号線を経由して札幌市内へと向かいます。
c0172180_9205144.jpg


空港を出発して約1時間20分後には札幌市中心部の大通公園付近を走行し、札幌のシンボルともなっているさっぽろテレビ塔が見えました。
c0172180_9251742.jpg


さつぽろテレビ塔を見ながら数分後には途中のバス停で下車し、宿泊先のホテルへと向かいました。
c0172180_926344.jpg


バス停より歩いて5分ほどでホテルに到着し、この日は早めに休んで次の日に備えました。

翌朝、6時前に起床し、7時半前にはホテルをチェックアウトし、歩いて数分ほどの場所にある札幌駅前バスターミナルに向かいました。
朝まだ早い市内中心部は車や人の行き来も少なく静かな様子でした。
c0172180_9301897.jpg


街の様子を観察しながらバスターミナルに到着しました。
これから富良野行のバスに乗車し、初めて訪れる富良野へと向かいます。
c0172180_9314652.jpg

[PR]

by sai-unn | 2015-01-18 09:32 | その他 | Trackback | Comments(8)

金華山や迫力ある雲を見ながら新千歳空港へ

仙台駅から電車に乗り、約25分ほどで仙台空港ターミナルビルに隣接する仙台空港駅に到着しました。駅には8月に仙台で開催される七夕をPRする色とりどりの七夕飾りが吊り下げられていました。
c0172180_9123217.jpg


空港ターミナルビル内に入り、早速手荷物検査を受けて、搭乗待合室に入りました。
既に新千歳空港行の飛行機が出発のための準備をしていました。
c0172180_9141648.jpg


しばらく待合室で時間を過ごして、いよいよ搭乗開始のアナウンスがありました。
これからANA723便に搭乗し、新千歳空港へと向かいます。
c0172180_9152098.jpg


多くのお客さんを乗せた飛行機は、エプロンより滑走路へと入り、力強いエンジン音を轟かせて離陸しました。

雲の間を抜けながら飛行機は上昇し、まもなくしてシートベルトサインが消灯しました。
カメラを手に窓の外には何か見えるかな~と思って見ていたら、太平洋に突き出た宮城県牡鹿半島と
牡鹿半島のすぐそばに浮かぶ金華山が見えました。
c0172180_920352.jpg


金華山は島全体が黄金山神社の神域となっていて、島に生息するシカは神の使いとして大切にされています。毎年10月にシカの角切りが行われ、多くの観光客などで賑わいます。

宮城県の沿岸部を飛行しながら次第に内陸部へと入り、次第に雲も増えてきました。
c0172180_9235723.jpg


機内サービスでいただいたホットコーヒーを飲みながら窓の外の様子を楽しんでいると、同じく北へ向かう飛行機がこちらのスピードよりかなり速く進んでいく様子を見ることができました。
c0172180_9252057.jpg


北へ進むにつれて雲の様子が少しずつもこもとと盛り上がり、夏によく見られる雲が多く現れてきました。
c0172180_9263572.jpg


夏らしい雲が広がる中、もこした雲が飛行ルートの近くまで近づいたりして、比較的近くで迫力ある様子も見ることができました。
c0172180_930242.jpg


地上の様子は雲によってほとんど見ることが出来ませんでしたが、仙台空港を出発して1時間ちょっとで新千歳空港に着陸しました。

新千歳空港からはバスに乗り、札幌市内へと向かいます。
c0172180_9312762.jpg

[PR]

by sai-unn | 2015-01-12 09:32 | その他 | Trackback | Comments(6)

季節外れの旅行記のスタートです。

平成27年に入り、10日余りが経ちましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

年末年始は多くの方から温かいメッセージをいただき、ありがとうございました。

改めまして今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今年最初の旅行記は、平成22年7月に北海道を旅した様子をUPします。
季節外れのそれも5年も前こととなりますがご覧いただけたら嬉しいです。

いつものように当時住んでいた山形市からの出発となります。

青空が広がる7月のある日に山形市の自宅を出発し、徒歩で山形駅を通ってバスターミナルより高速バスに乗って仙台へと向かいます。

自宅近所にある公園の赤紫色の美しいアジサイを見ながら山形駅へ向かいました。
c0172180_944357.jpg


歩いていると駅そばにある広大な敷地に多くの人が集まっていました。
c0172180_9461169.jpg


駅の自由通路の階段を上って、上から多くの人が集まっている方向を見るとヘリコプターが展示されていました。何かのイベントが行われていたようで、展示されていたヘリコプターは山形県の防災へりでした。
c0172180_9485825.jpg


駅の中を通り、いつものようにデパートの1階にあるバスターミナルに到着し、仙台行のバスを待ちます。
薄暗いバスターミナルでしばらく待っている仙台行のバスがやってきました。
c0172180_9514041.jpg


多くのお客さんを乗せたバスは、山形道と東北道を経由して仙台に向かいます。
1時間ちょっとの乗車時間ですが、山形市内の街並みや山形と宮城県境の山々、そして宮城県に入っての田園風景、そして仙台市内に入って大きなビル群の中を縫うようにして走って仙台駅へと向かいます。
バスに乗車後、ウトウトして途中の景色をしばらく眺めることはできませんでしたが、宮城県内に入って緑鮮やかな田園風景ともくもくと発達した夏の空を眺めることができました。
c0172180_9555465.jpg


山形を出発して1時間ちょっとで仙台駅前に到着しました。
c0172180_9572837.jpg


これもまたいつものことですが、仙台駅から電車に乗って仙台空港へ向かいます。

ちょうどお昼の時間ということで、駅の中にある立ち食いそばのお店に入りました。
手っ取り早く食事ができるということで結構あちこちで立ち食いそばのお店に入りますが、仙台駅の中にある立ち食いそば屋さんは美味しく、幾度となく利用しています。
この時は、冷たいそばで揚げたなすと大根おろしやみょうがが入ったさっぱり系のおそばをいただきました。揚げたなすの食感と大根おろしがいいアクセントとなり、冷たいおそばにぴったりでとても美味しかったです。
c0172180_1032868.jpg


美味しいおそばを食べてお腹もいっぱいになったところで、仙台空港行の電車が発着するホームで電車を待ちます。
c0172180_1033854.jpg

[PR]

by sai-unn | 2015-01-11 10:04 | その他 | Trackback | Comments(2)

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます。

昨年も大変お世話になりました。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

昨年は大規模な自然災害が多々ありました。今年は災害の無い穏やかな年であることを願うとともに、東日本大震災の被災地である宮城、岩手、福島各県はじめ長野県北部地震により大きな被害を受けた長野県や土砂崩れによる大きな被害を受けた広島市などの復興がさらに加速することを願います。

今朝、氷点下の気温で積雪が2cmほどある中、近所の公園まで行き初日の出を拝むことができました。

仙台の初日の出の様子をUPします。
c0172180_8552833.jpg

[PR]

by sai-unn | 2015-01-01 08:57 | 日常 | Trackback | Comments(10)