空の旅と身近な風景


飛行機での旅が大好き!
by 彩雲
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
4時ラーは辛かったことで..
by rosa55555 at 22:49
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 15:48
iris0304さん、こ..
by sai-unn at 16:08
こんばんは 改めて..
by iris304 at 00:04
異邦人さん、おはようござ..
by sai-unn at 09:42
rosa55555さん、..
by sai-unn at 09:36
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 21:39
彩雲さんは当時高速バス内..
by rosa55555 at 19:52
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 10:47
iris304さん、こん..
by sai-unn at 10:43
イチオシブログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
豪雪に磨かれた岩壁と高山..
from dezire_photo &..
羽田空港
from ★お気楽にょろちゃん★
6月の徳川園、菖蒲池のカ..
from 旅とお散歩、あちらこちら
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


暖かい地方に行ってきました。

ご無沙汰しております。長野県の旅の途中ですが、先週の金曜日から今週の月曜日にかけて3泊4日の旅行に行ってきました。

秋も深まり、仙台では朝の気温が一桁で、日中も10℃台の前半の日が多くなりめっきり寒くなってきましたが、暖かい地方に行きたいと思い、南国沖縄に行ってきました。
沖縄では日中の最高気温が25℃ほどまで上がり、まだまだ夏といった感じでした。
今回は天気にも恵まれ、美しい沖縄の海を見たりして時間を過ごしました。

沖縄で2泊して帰りにちょっと福岡と佐賀に立ち寄り、初めて太宰府市や柳川市などを訪れました。

この様子については、いつになるか判りませんが、ブログの更新を頑張ってなるべく早くみなさんに見ていただけるようにしたいと思いますので宜しくお願いします。


今回の旅で撮った写真の一部です。

仙台から那覇に向かう飛行機から見えた富士山です。久々に素晴らしい富士山の全景を見ることができました。
c0172180_1405181.jpg


沖縄では沖縄本島北部を中心に見て回りました。
写真は名護市にある21世紀の森ビーチの海の様子です。水が澄んでいてとっても素敵な色をしていました。
c0172180_144398.jpg


沖縄から福岡に飛び、太宰府市内にある光明禅寺というお寺のお庭にある真っ赤に色付いた木です。
c0172180_1473529.jpg


紅葉も見頃から終わりに近い感じでしたが、鮮やかな色彩の世界を楽しむことができました。

こちらは水郷の街としても有名な柳川市で見た光景です。
たくさんの観光客の方が船に乗り、船頭さんから説明を受けたりしていました。
c0172180_148579.jpg


最後は、福岡のお隣の佐賀県にも立ち寄り、佐賀市の有明海に面した海岸に真っ赤に色づいたシチメンソンという植物の群集です。
c0172180_14121880.jpg


初めてシチメンソウという植物を知り、紅葉している時期に訪れることができラッキーでした。

今回も日本列島の長さとまだ見ぬ景色を見た時の感動を味わうことができました。
[PR]

by sai-unn | 2013-11-30 14:14 | 日常 | Trackback | Comments(8)

奈良井宿散策と木曽の大橋

歩いていると声を掛けて下さった漆器店のご主人に招かれるようにお店の中に入ってみました。
すると、木で作られた温かみを感じる漆塗りの汁椀やお盆、蕎麦をこねる際に使う道具やカップなど豊富な木工品や漆器がお店の中にたくさん並べられていました。
c0172180_934745.jpg


c0172180_9316100.jpg


とても穏やかな口調でお話されるご主人は奈良井宿の気候や歴史についていろいろとお話して下さいました。
お礼といってはなんだったのですが、汁椀とお箸を買いました。

地元の方とのお話というのはその土地の言葉で、歴史や風土、気候などをお話してくれるので、聞いていても楽しく、その土地を訪れているのだなぁ~という実感が湧きます。

漆器店での楽しい時間を過ごした後、Uターンしてスタート地点まで戻ることにしました。
行く時に気付かなかった、ご夫婦仲良く手を取り合い道中安全を願う道祖神さまの石碑や"ゆきな"と書かれた葉物のお野菜を売っている無人販売所を見ながら10分ほどかけてスタート地点の桜の木のある場所に到着しました。
c0172180_916592.jpg


c0172180_9152763.jpg


c0172180_9161330.jpg


ここから奈良井宿のすぐそばを通るJR中央本線を超えて、水辺のふるさとふれあい広場という場所にやってきました。
きれいに整備された芝生の広場にはベンチがあり、遠くには奈良井川に架かる木曽の大橋という橋が見えていました。
c0172180_9211994.jpg


水辺のふるさとふれあい広場と道の駅"奈良井木曽の大橋"とを結ぶ木で作られた立派な橋は間近で見てとても迫力がありました。
c0172180_9251357.jpg


c0172180_925157.jpg


c0172180_9253272.jpg


この橋を渡り道の駅に行ったのですが、道の駅でよく見られる野菜などの直売所などが入る建物などは見当たらず、駐車場のみあるだけでした。
[PR]

by sai-unn | 2013-11-17 09:29 | その他 | Trackback | Comments(8)

奈良井宿を散策(その3)

先を進んでも歴史ある建物が並ぶ、奈良井宿の散策はまだまだ続きます。

民宿をはじめ造り酒屋さんの写真をUPしましたが、その他にもお蕎麦屋さんや五平餅の看板が掲げられている食べ物屋さんなどもありました。
c0172180_1426246.jpg


c0172180_1426021.jpg


どちらの建物も立ち寄ってしまうたくなるような素敵な造りの建物でした。

建物を正面に見るメインストリートを歩きましたが、メインストリートから一歩脇道に入ると、建物の奥行きの大きさがよくわかる様子も見ることができました。
c0172180_14321210.jpg


正面からも見ても大きな建物と思ってみていましたが、このように奥行きもかなりあり建物一つの大きさがかなり大きいことがわかりました。

建物の大きさに感心しながら歩いていると、ある建物の前に石碑が建っていました。
c0172180_14353811.jpg


近づいてよく見ると、史跡 明治天皇奈良井行在所と書かれた碑と明治天皇御駐輦(ごちゅうれん)跡の碑がありました。
c0172180_14514786.jpg


こちらの建物は国指定の重要文化財となっていて、この地で約270年間にわたって庄屋や問屋と呼ばれる宿場で幕府や旅行者のための馬や人足の管理の仕事をしていた手塚家の建物で、明治13年に明治天皇が御巡幸の際に御在所となったとのことです。現在は、古文書や漆器などを展示している資料館となっています。

まだまだ続く街並みを見ながらどんどん進みます。
c0172180_14524542.jpg


c0172180_14522150.jpg


すると漆器などを売ってるお店の前を通る際に、"お店の中を見ていきませんか?"と声を掛けるお店のご主人がいました。
c0172180_14561436.jpg


まだどちらのお店の中を見ておらず、急ぐわけでもないので少しだけお店の中を覘いてくことにしました。
[PR]

by sai-unn | 2013-11-16 15:04 | その他 | Trackback | Comments(8)

奈良井宿を散策(その2)

ぶらぶらとのんびり奈良井宿を散策し、自分が江戸時代の旅人になった気分で一軒一軒外からだけですが見て回りました。

見た中でいくつかご覧いただきますが、奈良井宿にいくつもある民宿それぞれが目立つように特徴を生かしていて、大きなたぬきの置物が置いていたり、時代劇で見る傘が飾られたり、入り口の暖簾に浮世絵が描かれていたりと初めて訪れるお客さんにとってとてもわかりやすいようになっていました。
c0172180_9331676.jpg


c0172180_9334099.jpg


c0172180_9344387.jpg


このような素敵な建物に泊まってみたいなぁ~と思いながら民宿の他の建物も見てみました。

こちらは喫茶店です。お店の前にいくつかオブジェがありました。見た感じも良く、ここでゆっくりお茶したいなぁと思うようなお店でした。
c0172180_939451.jpg


高山でも見た造り酒屋もあり、こちらの建物も立派で杉玉も大きく、創業が江戸時代の寛政5年(1793年)と書かれていました。今から200年以上も続いている造り酒屋さんでした。
c0172180_9424661.jpg


c0172180_9425063.jpg


歴史ある酒屋さんのそばにはタバコ屋さんの建物があり、今ではほとんど見られない円型の郵便ポストがありました。
c0172180_947535.jpg


車を止めた駐車場から街並みを10分ほど歩きましたが、まだまだ先には建物が続いています。
この先まで行ってみることにしました。
c0172180_9491299.jpg

[PR]

by sai-unn | 2013-11-10 09:49 | その他 | Trackback | Comments(6)

奈良井宿を散策(その1)

早速、奈良井宿を散策してみました。

まず宿への入り口付近には満開の桜が出迎えてくれていました。
シックな茶色に統一された歴史ある建物とピンク色の桜はとてもマッチしていました。
c0172180_10451969.jpg


テレビの旅番組で見て以来、一度は訪れたかった奈良井宿を散策できるということでワクワクしながらどこまでも続く建物の間の通りを前に進みます。
c0172180_10463012.jpg


c0172180_10474226.jpg


c0172180_10505876.jpg


観光客で訪れた人も少なく、のんびりと個々の建物を見ながら今も大切にされて住んでいらっしゃるんだなぁ~と思いながらこれからもこの歴史のある建物を今後も大切に残していって欲しいなと感じました。

タイムスリップして自分が江戸時代の旅人になった気分になりながら歩いていると、マンホールの蓋を発見しました。
こちらの蓋には、何かの植物と川魚のイワナがデザインされていました。
c0172180_10534448.jpg


建物が立ち並ぶ中に、ホッとできる水飲み場がありました。
c0172180_10552949.jpg


ここのベンチに座ってお水をいただきながら、時間を過ごすのもいいなぁ~と思いました。

さらに進むと観光客の方も増えてきました。
宿の入り口付近は個人のお家が多かったのですが、次第に民宿や漆器店などのお店も増えてきました。
c0172180_10575797.jpg

[PR]

by sai-unn | 2013-11-09 10:58 | その他 | Trackback | Comments(4)

松本から塩尻へ

一度は見てみたかった松本城の他に美しい桜を見ることができとても感動しました。

松本城を後にして、お城の近くにある国の重要文化財に指定されているある建物を見に行きました。

明治8年~9年にかけて建てられた、旧制小学校の旧開智学校です。
c0172180_9162472.jpg


c0172180_9163441.jpg


現在は、明治時代の教育資料などが展示されてる博物館として使用されています。
西洋風の美しいお洒落な建物がとても目を惹き、玄関の上には天使さんが開智学校と書かれた看板を持っていてとても可愛い感じがしました。

歴史を感じる旧開智学校の建物を見た後、再び松本城近くの駐車場に止めた車に戻り、松本市から次の街へと向かいます。
c0172180_9205769.jpg


松本市内を走行し、長野道松本ICから高速道路に入り、10分ほど走り塩尻ICで高速道路を下りました。ここから国道19号線などを走り、次第に山々の景色が間近に見える中、松本を出発して約1時間ほどで昔ながらの宿場町の街並みが残る街として知られる塩尻市の奈良井という場所に到着しました。

奈良井付近の景色は周りが山々に覆われ、桜も咲いていてとても春らしいのんびりとした景色の場所でした。
c0172180_9281977.jpg


早速、街並みの入り口付近にある駐車場に車を止めて江戸時代に奈良井宿として栄えた古い宿場町の街並みを散策してみることににしました。
まず最初に奈良井宿と書かれた看板を撮り、風情のある水車小屋やとても趣のある消防車の車庫が見られました。
c0172180_932776.jpg


c0172180_9321531.jpg


c0172180_9322577.jpg


街並みの入り口からタイムスリップしたかのような気分になりました。
奈良井宿についての案内板がありました。
c0172180_940985.jpg


奈良井宿は戦国時代に武田氏によって定められた宿駅となり、江戸時代には幕府によって伝馬制度が設けられて、中山道67宿が定められ奈良井宿も宿場の一つとなった。中山道最大の難所であった鳥居峠をひかえ、峠越えにそなえて宿をとる旅人が多く、奈良井千軒と呼ばれるほどの賑わいを見せたと書かれていました。

奈良井宿の周辺には奈良井川という川が流れ、現在は国道19号線とJR中央本線が通り、マイカーや観光バス、電車等で訪れやすい場所となっています。
[PR]

by sai-unn | 2013-11-04 09:43 | その他 | Trackback | Comments(6)

お城と桜を堪能しました。

お濠沿いに植えられた桜や気持ちよく泳ぐ鯉を見ながら、これまでテレビや雑誌等でしか見たことがなかった松本城が見える場所までやってきました。
c0172180_8564351.jpg


c0172180_8565527.jpg


c0172180_971314.jpg

1504年(永正元年)に築城の国宝にも指定されているお城で、500年以上前に建てられたとは思えないほど立派でした。間近に見えた時はとても感動しました。

お城に架かる真っ赤な橋とお城の景色はとても素晴らしく、橋のそばでは2羽の白鳥さんが仲良くお濠でのんびりしている様子も見ることができました。
c0172180_93658.jpg


有名なお城だけあってたくさんの観光客の方が訪れ、お城や桜の写真をたくさん撮っていました。
自分もお濠に映る美しいお城を撮ってみました。
c0172180_95143.jpg


お城の周辺にはベンチもあり、お城を眺めながらのんびりすることが出来ます。
恒例となりましたがベンチの写真も撮りました。(笑)
c0172180_994848.jpg


このベンチの写真にも桜が見えていましたが、お城の周辺にはたくさんの桜の木が植えられていて、大部分は散っていたためか、足元はピンク色した花びらの絨毯が敷き詰められていてとても綺麗でした。
c0172180_914213.jpg


c0172180_9113970.jpg


お城周辺を散策して、充分にお城と桜を堪能することができました。最後に桜と優雅にお濠で時間を過ごす白鳥さんを撮り、お城を後にしました。
c0172180_9123279.jpg

[PR]

by sai-unn | 2013-11-03 09:14 | その他 | Trackback | Comments(4)

松本で一泊し、翌日は松本城へ

高山市からバスに乗り、松本市までやってきました。
松本には街灯りが輝く時間に到着し、その夜は松本のホテルに宿泊しました。

翌朝、目が覚めて窓のカーテンを開くと松本の街並みと共に青空が広がるいいお天気で、とても気持ちの良い朝を迎えました。
c0172180_153239.jpg


しっかり朝食を摂った後、ホテルをチェックアウトし、松本駅近くのレンタカー屋さんで車を借りるため数分ほど歩きました。
歩いている、カラフルなマンホールが目に入り思わず写真を撮ってしまいました。
松本てまりと書かれていて、可愛い手毬がデザインされていました。
c0172180_156933.jpg


松本駅を見ながら交通量の多い道を歩き、レンタカー屋さんに到着しました。
c0172180_1582325.jpg


早速、レンタカーをお借りし、松本を訪れたら一番最初に行きたいと思っていた松本城へ向かいました。
車に乗って数分ほどで松本城のある場所に到着しました。
駐車場に車を止めて、お城のある場所へと向かいます。
高山とは違い松本で見た桜はだいぶ散っていたのですが、それでも花びらがたくさん残っている木もあり、石垣やお城と一緒に映る桜はとても美しかったです。
c0172180_151250100.jpg


c0172180_15133143.jpg


c0172180_15134236.jpg


c0172180_15135480.jpg


c0172180_1514399.jpg

[PR]

by sai-unn | 2013-11-02 15:16 | その他 | Trackback | Comments(6)