空の旅と身近な風景


飛行機での旅が大好き!
by 彩雲
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:00
rosa55555さん、..
by sai-unn at 10:57
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:23
3日間の出張、お疲れ様で..
by rosa55555 at 22:38
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:33
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:30
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:26
お写真の中にある建設中だ..
by rosa55555 at 22:21
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:14
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:11
イチオシブログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
豪雪に磨かれた岩壁と高山..
from dezire_photo &..
羽田空港
from ★お気楽にょろちゃん★
6月の徳川園、菖蒲池のカ..
from 旅とお散歩、あちらこちら
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


富山などを訪れた旅行記の始まりです。

先週訪れた北海道の爽やかな気候が恋しくなるほど、自分が住んでいる仙台は梅雨真っ只中の天気で曇りベースで雨が降りやすい天気となっています。

またまた過去の旅行記に戻りますが、前回お届けした新潟県上越市への旅からほどなく春の富山などを見て回った3年前の旅の様子をお伝えします。

新潟で美しい桜を見た数日後、今度は富山県の県花ともなっているチューリップを見ようと思い、夜勤の仕事を終えて昼前に自宅へ帰りその後、山形駅近くのバスターミナルから高速バスに乗り、同じ県内の鶴岡市に向かいました。
c0172180_1035574.jpg


夜勤明けということでバスに乗車後は、ほとんど眠っている状態でしたが、時折目が覚めて窓の外を見ると4月も下旬というのにまだまだ雪が残り、春というより冬といった方が感じがしました。
c0172180_106353.jpg


バスの中では車窓を楽しむというより仮眠の場となってしまいましたが、約2時間の乗車で鶴岡市に到着しました。
ここ鶴岡から今度はリムジンバスに乗車し、庄内空港へと向かいます。

リムジンバスが発車するJR鶴岡駅前には、米どころであるこの地方(庄内地方)を象徴しているかのような、以前にもご紹介したお父さんとお母さんがたくさんの稲穂を担いで、その傍らにはお子さんがいるというモニュメントが建っています。
c0172180_10131622.jpg


間もなくして庄内空港行のリムジンバスがやってきました。
c0172180_10142756.jpg


バスに乗車し、庄内平野を見ながら約20分ほどすると庄内空港に到着しました。

羽田行の最終便に搭乗するということで出張先から帰ると思われるスーツを着こなしたビジネスマンの方が多く見られました。
搭乗まで少々時間があったので、ターミナルビルの屋上にある展望デッキに向かい、羽田から到着した飛行機がエプロンに入り、誘導されてスポットに入るところまでしばらく眺めていました。
c0172180_10213954.jpg


c0172180_10212336.jpg


飛行機を眺めた後、手荷物検査を終えて羽田行の飛行機に搭乗するたくさんの人が待っている搭乗待合室でしばらく搭乗まで待ちました。
羽田から到着した飛行機は再び羽田へと向かう準備を行い、出発時刻の15分前となり搭乗が開始されました。これからANA900便に搭乗します。

ほぼ満席状態の飛行機は力強いエンジン音を響かせ、雨で濡れた滑走路を水しぶきを上げながら離陸しました。

離陸後は上空にも地上の方にも雲が掛かり、地上の景色などを楽しむことができませんでしたが、沈み行く夕陽を少しだけ見ることができました。
c0172180_1028224.jpg


約1時間のフライトで羽田空港に到着しました。
c0172180_10292264.jpg

辺りは既に真っ暗となっていました。
ここから再び飛行機に搭乗し、富山へと向かいます。

乗り継ぎ専用のエレベータを利用し、富山行きの搭乗口へと向かいました。
こちらは富山行きの最終便ということで、庄内空港同様ビジネスマンの方が多く見られました。
これからこのANA891便で富山へと向かいます。
c0172180_10313358.jpg

[PR]

by sai-unn | 2013-07-28 10:33 | その他 | Trackback | Comments(2)

北海道礼文島に行ってきました。

みなさんご無沙汰しております。

全国的に梅雨明けし、連日の猛暑や雷雨などのニュースが流れていますがいかがお過ごしでしょうか?

自分の住んでいる東北地方(仙台)はまだ梅雨明けしていません。
東北地方でも集中豪雨で被害の出ている地域や断水などで不便な生活を送っている地域もあり、一日も早く回復して欲しいなと思います。

どんより毎日曇りがちで涼しい仙台から、先週の土日と今週の月曜日にかけて久々に北海道に行ってきました。
今回は、北海道北部にある礼文島です。

観光シーズンとあってかたくさんの方が島を訪れていました。
訪れた日は幸いにも天気が良く、美しい景色と美味しいウニ丼を食べて満足して帰ってきました。

今回訪れた様子は、だいぶ先になりますがUPしたいと思います。
ご覧いただけたら幸いです。

今回撮った写真を少しだけUPします。

c0172180_1120448.jpg


c0172180_1121542.jpg


c0172180_11224257.jpg


c0172180_1122032.jpg

[PR]

by sai-unn | 2013-07-27 11:22 | 日常 | Trackback | Comments(4)

東京での研修を終えて仙台へ

一泊ながらも滞在時間が24時間にも満たない慌ただしい新潟旅行記でしたが、ご覧いただきましてありがとうございました。

次の旅行記に行く前に、約1ヶ月ほど前に3日間の研修があり、東京に行ってきました。
東京での皇居のお濠の様子やレンガ造りで美しい東京駅の駅舎の写真をUPしましたが、まだ撮った写真がありますのでUPさせていただきます。

先月、3日間の研修を終えてホッとした気分で皇居のお濠がすぐそばの千代田区大手町付近から東京駅まで歩きました。
研修期間中は梅雨時期ということで雨降りの3日間でしたが、研修が終わる頃には雨も上がり蒸し暑さの中、歩きながらお濠や立ち並ぶビル群の写真を撮りながら東京駅まで歩きました。

東京駅の素敵な駅舎を撮り、駅の中に入るとたくさんの人で混み合っていました。そんな中、東京駅のシンボルともいえるドーム型の屋根がデザインされた郵便ポストを発見して思わず写真を撮ってしまいました。
c0172180_9435467.jpg


c0172180_9435479.jpg


乗車する新幹線の発車時刻まで少々時間があったので、以前会議で東京に出張に行った際にも立ち寄った東京駅の地下に行き、どこのお店で買おうか迷うほどいろんなお店があり、たくさんの人で賑わっていました。
あるお店でお菓子と新幹線の中で食べる昼食を購入して、改札を済ませてホームに向かいました。

ホームでは青森や仙台などの東北方面や新潟や長野方面に向かう人たちで混み合っていました。
混み合うホームでしばらく待っていると仙台から到着した新幹線が入ってきました。
c0172180_9493469.jpg


この列車が折り返し、仙台行のやまびこ141号となります。
乗客がすべて車両から降りると、清掃作業の方たちが車両に入りテキパキとした動作で清掃作業を行っていました。
車両が到着し、折り返しとなるまで12分ほどしか時間が無く、さらにすべての乗客が降りるまでには数分掛かることを考えると数分程度しか無いと思われる短時間での作業に頭が下がる思いでした。

きれいに清掃された車両には、発車の数分前に乗車することができました。
車内に入り、お腹が空いていたので発車前に駅地下で買った、まい泉さんのヒレかつサンドをいただきました。
c0172180_9561576.jpg


お肉が肉厚にも関わらずとっても柔らかくて、パンとの相性もばっちりでとっても美味しかったです。

ヒレかつサンドをいただきながら新幹線は仙台に向け出発しました。
新幹線は一旦地下に入り、5分ほどで上野駅に停車し、ここからもたくさんの人が乗車してきました。
上野駅を出発し、再び地上に出て、車窓からはビル群や住宅などの建物がひっきりなしの景色が広がり、いつもながら思うのですが、これが大都会なんだなぁ~と感じました。

東京駅を出発し、約15分ほど東京都と埼玉県の境に位置する荒川の鉄橋を渡り、埼玉県に入りました。荒川を挟んで写真左手が東京都板橋区、右手が埼玉県戸田市です。新幹線と並行に走っているのは中山道で現在は国道17号線となっています。
c0172180_103319.jpg


埼玉県に入っても田園はあまり見られず住宅地や高速道路の高架橋等の景色が見られました。
そうこうしているうちに大宮駅に停車しました。
大宮駅を出発した頃には、昼食を食べたことや研修を終えてホッとした気持ちになったためか、うとうとしてしまい少し眠り込んでしまいました。

気持ちよく眠っていましたが、少しスピードが落ちてきた頃に目が覚めてしまいました。
すると新幹線は栃木県内に入り、まもなく宇都宮駅というところでした。
宇都宮駅に停車し、1分程度の停車時間が過ぎて再び走り出すと、車窓から東京タワーに似たタワーが見えました。
c0172180_10174383.jpg


このタワーは宇都宮タワーと呼ばれ、電波塔として昭和55年(1980年)に建てられました。
高さは89mで展望台も設置されています。
いつもこのタワーを見ると宇都宮だなぁ~と思い、いつかはこのタワーにも行ってみたいと思うのですが、高所恐怖症のため展望台に行くのはちょっと遠慮し、下からでもいいからタワーを眺めてみたいと思います。(笑)

新幹線はどんどん北上し、福島県に入りました。
どんよりしていた雲も少しずつ取れ始め、水が張られた田んぼの緑と青空がとても爽やかな景色を醸し出していました。
c0172180_10241188.jpg


田園風景を見ながら5分ほど経つと、東北地方で人口が3番目に多い街、郡山市の郡山駅に到着しました。
c0172180_10305831.jpg


以前、福島県で勤務していた頃この郡山駅をよく利用して通勤していた頃を思い出しながら郡山の街並みを眺めていました。

郡山駅を出発し、これまで気持ちの良い青空が広がっていた空に再び変化が現れ、どんよりとした雲が広がってきました。
郡山駅を出発して13分ほどで福島駅に到着するところですが、郡山の青空が嘘のように福島市の空は今にも雨が降りそうでした。
c0172180_10372876.jpg


福島駅を出発し、新幹線はまもなくすると宮城県内に入り、どんよりした曇り空から青空が広がる空に変わり、車内に降りそそぐ陽射しも強くなってきましたが、終点の仙台駅が近づいてくるとまたまた雨が降りそうな曇り空となっていました。
仙台市内のビル群が見えてくるとホームタウンに帰ってきたなぁ~という実感が湧きます。
c0172180_10404880.jpg


長々と書いてしまいましたが、短い時間ながらも車窓の景色の変化や天気の変化を楽しむことができました。
また飛行機以外に新幹線などの乗り物に乗った際には時折、旅行記の合間合間にUPしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]

by sai-unn | 2013-07-15 10:43 | 日常 | Trackback | Comments(4)

1日にも満たないあっという間の新潟滞在でした。

夕方のラッシュ時に新潟駅前に到着し、この日は新潟駅近くのホテルに宿泊しました。

今回の旅は、高田公園の桜を見るだけという計画だったので、翌朝は8時過ぎに新潟駅前を出発する山形行のバスに乗車するという弾丸ツアーでした。(笑)

翌朝6時過ぎに起床し、軽い朝食を摂りながらのんびりテレビを見ながら時間を過ごし、ホテルをチェックアウトしました。

前日と違い新潟の朝はどんより曇り空でした。
停留所まで歩く途中でチューリップなどがデザインされたマンホールを発見しました。
c0172180_9225445.jpg


チューリップは新潟市の花となっており、今回の旅の翌月にも新潟市を訪れて美しいチューリップの景色を撮っておりますので、ご覧いただけたら嬉しいです。

ホテルから歩いて数分ほどで新潟駅前の停留所に到着しました。
c0172180_9295718.jpg


停留所には、東京や群馬、富山や金沢行のバスを待っている人たちもいてたくさんの人が待っている状態でした。
それぞれの行先のバスが到着し、次第に待っている人の数も減りはじめた頃に山形行のバスが到着しました。
約10人ほどの乗客を乗せたバスは、朝の混み合う新潟市内の道路を走り、日本海東北道新潟亀田ICより高速道路に入りました。
新潟市内のマンションや住宅が立ち並ぶ景色から次第に、一面田んぼの美しい景色が広がってきました。そのような景色が続く中、遠くにホテルやよく郊外に見られるお店が見えてきました。
c0172180_9404448.jpg


どこの街なのかなぁ~と思い後で調べたところ、新発田市の街並みでした。

バスは荒川胎内ICで高速道路を下りて、国道113号線を走行し山形県へと向かいます。
低い雲が山々の頂きに掛かり時折雨も降る中、バスはカーブが続く山間の道を走ります。

新潟駅前を出発し、県境の街である山形県小国町に入り、約1時間40分ほどで前日の新潟に行く際にも休憩場所であった道の駅"白い森おぐに"に到着しました。
ほとんどの乗客の方がバスから降りて、トイレやストレッチ運動などしてリラックスされていました。
c0172180_9472331.jpg


バスは再び走り出し、新潟県村上市の坂町駅と山形県米沢市の米沢駅を結ぶJR米坂線の線路が右に見えたり左に見えたりしながら国道113号線を東に向かいます。
c0172180_95022100.jpg


しばらく山間の道を走行していましたが、次第に山々も遠くに見えるようになってきました。
小国町をしばらく走った後、お隣の飯豊町に入り、行く際にも立ち寄った道の駅"いいで"に停車しました。
c0172180_9542192.jpg

またまたいいで牛のオブジェに出会うことができました。(笑)

道の駅を出発し、次第に山形市も近づいてきました。
新潟県内からしばらく走った国道113号線から国道13号線へと進路を北にし、南陽市内を走行していると山々の斜面に雪が残っているのかなと思ったらビニールハウスが並んでいました。
c0172180_1001894.jpg


こちらの南陽市を含む置賜(おきたま)地方ではぶどうの栽培が盛んで、デラウェアの生産は日本一とのことです。きっとこのハウスの中でも美味しいぶどうが作られているのだろうなぁ~と思いました。

南陽市内から今度は山形市のお隣にある上山市に入ってきました。
車窓からはリナワールドと呼ばれる東北最大級の遊園地のジェットコースターや観覧車が見えました。
c0172180_1053987.jpg


遊園地が見えると山形市まではもう目と鼻の先まで進んだということになり、山形市内に入ると交通量も多くなり、新潟市を出発し約3時間40分ほどで山形駅近くのバスターミナルに無事到着しました。
バスターミナルからは徒歩で自宅へ帰りますが、山形駅の中を通り、自宅近くの見慣れた景色が見えた時はとてもホッとし、帰ってきたなぁ~という実感が湧きました。
c0172180_10103212.jpg


新潟滞在は1日にも満たない旅でしたが、北国の長い冬から解放された美しい桜の花を見ることができ、慌ただしいながらもとても楽しい時間を過ごすことができました。

今回の旅行記もご覧いただきましてありがとうございました。

次回は、富山などを訪れた旅行記となります。
ご覧いただけたら嬉しいです。
[PR]

by sai-unn | 2013-07-14 10:13 | その他 | Trackback | Comments(2)

再び高速バスに乗り新潟市へ

上越市での滞在時間はあっという間でしたが、咲き始めたばかりの高田公園の美しい桜や街並みなどを自分の足で歩いて楽しむことができました。

高田駅近くの停留所より新潟市へ向かう高速バスに乗車しました。

数人の乗客を乗せたバスは、市内いくつかの停留所に立ち寄り交通量の多い国道18号線を走り、北陸道上越ICより高速道路へと入ります。
c0172180_118311.jpg


c0172180_1181486.jpg


上越ICより高速道路を走行し、新潟市へと向かいます。
車窓からは雪で覆われた遠くの山々や日本海が広がっていました。
c0172180_11101378.jpg


c0172180_11103031.jpg


高速道路を走行し、約20分ほど走ると海の向こうに佐渡島が見えたりしていました。
c0172180_1112325.jpg


海辺の景色が見えたり、トンネルを通過したりしていくうちに次第に陽も傾き始め高田駅前を出発して約1時間20分後には、夕空と標高634mの弥彦山が見えました。
c0172180_11183115.jpg


弥彦山は、万葉集にも詠われた弥彦神社があり、弥彦山全体が神域となっています。
弥彦山と福岡県と大分県にまたがる英彦山、兵庫県にある雪彦山は"日本三彦山"と呼ばれています。

車窓から見える景色を楽しみながら、あっという間に時間が過ぎ新潟中央ICより一般道へと入りました。
c0172180_11204287.jpg


高速道路を下りて市街地の交通量の多い道を走り、たくさんのビルが立ち並ぶエリアを通過し、新潟駅前に到着しました。
c0172180_11215017.jpg

[PR]

by sai-unn | 2013-07-13 11:24 | その他 | Trackback | Comments(4)

桜を堪能し、上越を後にしました。

高田公園で咲き始めの桜や三重櫓を見たり、西堀橋を渡ったりして公園内を散策し、、そしてたくさんの出店や花見客で賑わっている様子を肌で感じることができました。

次回訪れる時は、有名な夜桜を見てみたいなぁ~と思いながら公園を後にし、再び高速バスに乗り新潟へと向かうため、停留所のあるJR高田駅方面へと歩きました。

駅へ向かう途中には小川と川沿いに咲く桜並木の景色が見られ、ピンク色に染まった美しい桜も間近で見ることができました。
c0172180_9305713.jpg


c0172180_9311934.jpg


桜を見て春を感じながら歩いていると、足元には可愛い鳥さんと蓮の花がデザインされたマンホールの蓋や桜がデザインされた下水道の蓋がありました。
c0172180_9353931.jpg


c0172180_9344144.jpg


バス停までもう少しという所まで来ると、商店街沿いの道を通行止めにして歩行者天国にしてなにやらイベントを開催していて、たくさんの人で賑わっている様子でした。
c0172180_938298.jpg


歩行者天国の様子の写真にも写っていますが、商店が立ち並ぶアーケード街のお店前の歩道には屋根が付いていて、豪雪地帯でもある上越市ではこのような光景が見られました。
上越市に限らず雪国にはこのようなアーケードはよく見られるのですが、冬は積雪が多くなるので屋根が付いていると歩道に雪は積もらず歩行者にとってはとても歩きやすくなります。
自分が学生の頃、こちらの高田の街には雁木(がんぎ)と呼ばれた木製のアーケードがあるということを習った記憶がありました。
今ではこのように立派な材質で作られたアーケードとなっています。
c0172180_941386.jpg


アーケードを通り、またまた川沿いに咲く桜を見ながらバス停に到着しました。
c0172180_9475626.jpg


バス停でしばらく待っていると、新潟行のバスがやってきました。
バスの後ろに見える三角屋根の素敵な建物はJR高田駅です。
c0172180_9493841.jpg

[PR]

by sai-unn | 2013-07-07 09:51 | その他 | Trackback | Comments(4)

高田公園を散策(その2)

まだ咲き始めたばかりの桜でしたが、長い冬から解放され、やっと春が訪れたという喜びを感じるかのようにたくさんの人で賑わっていました。

公園内には出店もたくさんあり、焼そばやたこ焼きなどを売っているお店からは香ばしい香りが漂っていました。
c0172180_10432768.jpg


出店周辺はいろいろ買い求める人も多く混み合う中、真っ赤な橋を見つけました。
c0172180_1045267.jpg


橋の名前は西堀橋といいお濠に架かる橋です。早速渡ってみました。
橋からはまだ雪がたくさん残っている山々や橋を渡る前に通った出店のある通りが見えました。
出店のテントが立ち並びにかなりの長さとなっていました。
c0172180_1047845.jpg


c0172180_10515434.jpg


橋を渡り、お濠の外にもたくさんの桜の木が植えられていました。
こちらの桜は咲いているお花の数も多く、青空にとても映えて綺麗でした。
桜と西堀橋のツーショットも撮ってみました。
c0172180_10541338.jpg


c0172180_1055741.jpg


30分ほど公園内を散策し、桜並木を見ながら公園を後にしました。
c0172180_10555298.jpg

[PR]

by sai-unn | 2013-07-06 10:56 | その他 | Trackback | Comments(4)