空の旅と身近な風景


飛行機での旅が大好き!
by 彩雲
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:14
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:11
4時ラーは辛かったことで..
by rosa55555 at 22:49
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 15:48
iris0304さん、こ..
by sai-unn at 16:08
こんばんは 改めて..
by iris304 at 00:04
異邦人さん、おはようござ..
by sai-unn at 09:42
rosa55555さん、..
by sai-unn at 09:36
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 21:39
彩雲さんは当時高速バス内..
by rosa55555 at 19:52
イチオシブログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
豪雪に磨かれた岩壁と高山..
from dezire_photo &..
羽田空港
from ★お気楽にょろちゃん★
6月の徳川園、菖蒲池のカ..
from 旅とお散歩、あちらこちら
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


1時間ちょっとの船旅

たくさんのユリカモメさんに見送られているような気分で、今か今かと出港を待ちます。
船内を散策して、船首から穏やかな海の様子を撮ったり、周りの景色を撮ったりして時間を過ごしました。
c0172180_9303617.jpg


写真を撮って間もなくすると、船はゆっくりと動き出し新岡山港を出港しました。
青空にたくさんの飛行機雲が走っている様子を見ながら、のんびり進む船の旅もいいなぁ~と思いながら周りの島々や陸地の様子を眺めていました。
c0172180_933030.jpg


瀬戸内海を小豆島へと向かうフェリーは、波が穏やかなためか揺れもほとんど無く、椅子に座ってテレビを見たり、時折ウトウトしたりとしていましたが、やはり窓の外の景色をたくさん見たくて、デッキに出たりして、何か養殖しているのかなぁ~と思うような浮き具がたくさんあったり、岡山方面へと向かうフェリーとすれ違ったりと冬の瀬戸内の船旅を楽しみました。
c0172180_937345.jpg


c0172180_9371739.jpg


新岡山港を出港して約1時間ほどすると、間近に小豆島が見えてきました。
c0172180_939165.jpg


これが一度は行ってみたかった小豆島かぁ~と感動しながら、船室からデッキへと出ました。
外の潮風を感じながら船尾に向かうと後ろから貨物船が来ている様子が見えたり、どんどん小豆島が近づいて山々やお家が近くに見えてきました。
c0172180_9441083.jpg


c0172180_9442332.jpg


船はスピードを落としていよいよ土庄港へと着岸します。
c0172180_9453290.jpg


着岸時に"ようこそ小豆島へ"の看板を見つけ、小豆島にやってきたんだなぁ~という実感が湧きました。
c0172180_9473848.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-08-27 09:50 | その他 | Trackback | Comments(2)

岡山駅から新岡山港へ

人がたくさん行き交う岡山駅を通り、レンタカー屋さんで車を借りました。
早速、車で岡山駅前からスタートしました。
通勤時間帯ということもあり、街中の渋滞に巻き込まれながらも海辺へ向かい約20分ほど走ったところで新岡山港に到着しました。
c0172180_1045973.jpg


港にはフェリーが停泊していました。これからこのフェリーに乗船し、香川県の小豆島に向かいます。

乗船まで時間が少々あるので港を散策しました。
穏やかな瀬戸内海を眺めながら散策していると、手すりにたくさんのカモメらしき鳥が仲良く止まっていました。
c0172180_1064118.jpg


近くに寄ってみると、ユリカモメのみなさんでした。
c0172180_1073396.jpg


ユリカモメがたくさんいる港は、薄い上層の雲に覆われていましたが、東北の日本海側の冬とは違い青空も見えて気温も高く、山形とは別世界だなぁ~と思いながら空とこれから乗船するフェリーを撮りました。
c0172180_10102349.jpg


まもなく車を乗船させる時間が近づきました。
車が入る場所はとても広くて、初心者でも問題なくフェリーに乗せることができる構造となっていました。
c0172180_10114833.jpg


車をフェリーに乗せて、客室へと向かいました。
客室には、長椅子や応接間にあるような椅子などがありました。
c0172180_10142946.jpg


また、窓の無い所にもたくさんの椅子があって、夏場には自然の風を感じながら船旅を楽しむことができるようになっていました。
c0172180_1016255.jpg


出航まであとわずかとなってきました。
港の岸壁にはたくさんのユリカモメさんがいましたが、自分たちを見送ってくれているような感じに見えました。
c0172180_10184265.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-08-25 10:19 | その他 | Trackback | Comments(2)

岡山駅前から旅のスタート

夜10時前にJR岡山駅前に到着し、華やかな街灯りの中をホテルまで移動しその日は早めに就寝しました。

翌朝、いつもより遅い時間まで眠り、目が覚めて窓の外を見るとオレンジ色に染まる岡山の空が広がってました。
c0172180_10521060.jpg


部屋の窓からは岡山駅をはじめ路面電車が走っている光景を見ることができました。
こちらのオレンジ色の電車には、地元のテレビ局のOH!くんと呼ばれる可愛いキャラクターが描かれていました。
c0172180_10543248.jpg


c0172180_10544882.jpg


ホテルをチェックアウトし、駅近くのレンタカー屋さんへ向かいました。
歩いているとカラフルな路面電車に出会い、それぞれ会社名などが描かれていて、市民の交通の足の他にも走る広告塔としても路面電車は頑張っているなぁ~と思いました。
c0172180_1058669.jpg


雲一つない澄んだ青空が美しい景色を見て、まさに岡山は晴れの国と呼ばれる土地ということを実感しながら歩いていると、岡山らしい桃太郎が描かれたマンホールを見つけました。
c0172180_1101369.jpg


c0172180_1102481.jpg


c0172180_1103620.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-08-13 11:01 | その他 | Trackback | Comments(2)

庄内から羽田を経由して岡山へ

時折雪の降るJR鶴岡駅より庄内空港行のバスに乗車し、庄内平野の景色を見ながら約20分ほどで空港に到着しました。
空港の展望デッキへと向かうと、既に羽田から到着した飛行機が翼を休めていました。
この飛行機が折り返し羽田行となります。
c0172180_9173356.jpg


手荷物検査を終えて、搭乗待合室でしばらく待っていると搭乗開始のアナウンスがあり、たくさんの乗客が羽田行ANA900便へと乗り込みました。
c0172180_9181973.jpg


今回は奮発してプレミアムクラスを利用しました。
食事は、イカが乗っているご飯や里芋や大根などの煮物、カニやラディッシュなどの酢の物が入っていてとても美味しかったです。
c0172180_9204879.jpg


お日様も早々に沈み、暗闇の中を飛行機は南下し、約1時間ほどで羽田空港に着陸しました。
c0172180_9232451.jpg


羽田空港からはさらに飛行機を乗り継ぎ、岡山へと向かいます。
岡山行ANA659便もたくさんの乗客が飛行機に乗り込み、工場や船舶、空港内の灯りを見ながら飛行機は力強く羽田空港を離陸しました。

真っ暗闇の中、時々街灯りが見えたりして、今どこを飛んでいるのかなぁ~と思いながら窓の外の景色を楽しみました。
c0172180_9272845.jpg


夜勤明けで旅行に出かけたことから、時折ウトウトしたりもしましたが、1時間ちょっとで岡山空港に着陸しました。
岡山空港ターミナル内では、出迎えの人や飛行機から降りてきたお土産を手にしたビジネスマンなどで賑わっていました。
c0172180_9294227.jpg


岡山空港からバスに乗り、JR岡山駅へと向かいました。
バスはほぼ満席になるほどたくさんの乗客を乗せて、高台にある空港から次第に市街地へと向かい約30分ほどで岡山駅前に到着しました。
岡山駅に行くと桃太郎の銅像が出迎えてくれるので、岡山に来たんだなぁ~という実感が湧きます。
c0172180_9325618.jpg


駅前の賑やかな雰囲気を感じながら宿泊するホテルへと向いました。
c0172180_9342781.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-08-12 09:35 | その他 | Trackback | Comments(2)

鶴岡駅周辺で時間を過ごし、庄内空港へ

山形から酒田行の高速バスに乗車し、途中の鶴岡市でバスを降りました。

バスを降りたバスセンターはショッピングセンターと併設されていて、少し時間があったので、ショッピングセンター内を散策しました。
c0172180_1617515.jpg


外の寒さとは違い、ポカポカした建物の中は居心地がよく、いろんなお店を見ながら時間を過ごしました。

しばらく時間を過ごし、庄内空港へ向かうバスに乗車するため、ショッピングセンターから歩いて3分ほどのJR鶴岡駅方面へ向かいました。

暖かい建物の中から一気に寒く、さらにみぞれや雪が降る中を傘を差しながら駅に向かうと、駅前の駐車場から水が勢いよく出ていました。
どうやら地下水などを利用してアスファルトに積もった雪を融かしていたようです。
c0172180_16221515.jpg


c0172180_16222749.jpg


鶴岡駅前に到着し、駅前広場を見ると稲わらを担いだ農家のご夫婦とお子さんの銅像が建っていました。
c0172180_16242756.jpg


c0172180_1624987.jpg


c0172180_16243965.jpg


米どころ庄内地方を感じさせる銅像だなぁ~と思いながらバス停へと向かいました。

途中、植え込みの植物を雪から守る雪囲いがあり、雪国らしい光景を見ながらこれから向かう南国の瀬戸内の穏やかな景色が楽しみだなぁ~と思いながら雪の降る中バスを待っていました。
しばらくして庄内空港行のバスがやってきました。
c0172180_16291351.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-08-06 16:29 | その他 | Trackback | Comments(2)

小豆島と萩を巡る旅

東北地方は夏祭り真っ盛りで盛り上がっておりますが、こちらのブログはまだまだ冬の旅を様子をUPしています。(笑)

やっと2010年にあちこち訪れた様子をUPすることとなりました。

これからもご覧いただきますようお願いいたします。

2010年1月29日に、夜勤の仕事を終えて自宅で昼食を摂った後、徒歩でいつものように山形駅近くのバスターミナルに向かいました。
山形市内中心部は積雪もほとんど無く、この日は青空も見えていました。
c0172180_943532.jpg


歩いて約20分ほどでバスターミナルに到着し、バスを待ちます。
いつもだと仙台空港を利用するため仙台行の高速バスに乗車するところですが、今回は同じ県内の
庄内空港を利用するため酒田行の高速バスに乗車します。

しばらく待っていると酒田行のバスがターミナルの中に入ってきました。
c0172180_9471483.jpg


バスが到着し、数人の乗客を乗せてバスは発車しました。
山形市内でいくつかの停留所で乗客を乗せ、山形道山形蔵王ICより高速道路に入りました。

積雪がほとんど無い山形市内から約30分ほど走ると、車窓からは雪原が見え、周りの山々にもたくさんの積雪が見られました。高速道路上は除雪されて積雪は無いもののどんどん標高が高くなり、積雪もどんどん増えていく様子が見て取れました。
c0172180_953097.jpg


c0172180_9531598.jpg


c0172180_9532954.jpg


見ているだけでも寒さを感じる雪国の景色を見ながらバスは、酒田市方面へと向かいます。
山の間を縫うようにして走る高速道路ですが、しばらく走ると庄内地方に入り平野部の景色が広がってきます。
c0172180_9564887.jpg


時折雪も降ったりしていましたが、鶴岡市内に入ると積雪もほとんどなく鶴岡ICで高速道路を下りて一般道に入りました。
c0172180_9585727.jpg


c0172180_9591058.jpg


山形を出発して約2時間ほどで鶴岡市内のバスターミナルに到着し、ここで降りました。
c0172180_1004358.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-08-05 10:01 | その他 | Trackback | Comments(2)

仙台七夕まつりが間もなく開催となります。

暑中お見舞い申し上げます。

現在住んでいる仙台も最高気温が30℃を超える日が続き、日中も夜も暑くて大変です。

みなさんのお住まいの所も暑いことと思いますが、東北は青森ねぶた祭りや秋田竿燈祭りなど短い夏を盛り上げる夏祭りのシーズンがやってきました。

仙台でも6日から仙台七夕まつりが開催されます。

先日、仙台駅前を通った際に駅舎に笹飾りが飾り付けられていました。

企業名が入った赤や青などの笹飾りはとっても豪華で、見ているだけで仙台にも夏がやって来たんだなぁ~と実感が湧きました。

まだまだ復興途中の宮城県ですが、被災地の復興に向けての力強い思いが込められている七夕まつりをご覧いただきたいです。

c0172180_18321222.jpg


c0172180_18325839.jpg


c0172180_18331052.jpg


c0172180_18332327.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-08-04 18:34 | 日常 | Trackback | Comments(2)