空の旅と身近な風景


飛行機での旅が大好き!
by 彩雲
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
4時ラーは辛かったことで..
by rosa55555 at 22:49
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 15:48
iris0304さん、こ..
by sai-unn at 16:08
こんばんは 改めて..
by iris304 at 00:04
異邦人さん、おはようござ..
by sai-unn at 09:42
rosa55555さん、..
by sai-unn at 09:36
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 21:39
彩雲さんは当時高速バス内..
by rosa55555 at 19:52
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 10:47
iris304さん、こん..
by sai-unn at 10:43
イチオシブログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
豪雪に磨かれた岩壁と高山..
from dezire_photo &..
羽田空港
from ★お気楽にょろちゃん★
6月の徳川園、菖蒲池のカ..
from 旅とお散歩、あちらこちら
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


空の景色に癒されて

仙台空港を離陸した伊丹行の飛行機は順調に飛行しています。
コーヒーを飲んだり、機内で放送されている番組を見たり、雑誌を見たりと乗客のみなさんそれぞれ短い飛行時間を思い思いに過ごしています。
c0172180_1731761.jpg


自分はコーヒーを飲みながら窓の外の様子を楽しみながら時間を過ごしていました。
すると遠くに富士山の姿が見えてきました。
c0172180_17325884.jpg


富士山の頭が真白く雪で覆われていました。ただ、頂上付近に雲が掛かっていて美しい富士山の全景を見ることはできませんでした。

頭だけを見せている富士山を見ていると、自分たちが乗っている飛行機の下を別の飛行機が横切っていく様子を見ることができました。
c0172180_1736087.jpg


下を横切る飛行機の様子を撮っていると、cAさんがやってきて"何を撮っているのですか?"と声を掛けられました。
撮った写真を見せると、同じ航空会社の飛行機とわかるくらいハッキリ写っているのを見てちょっとびっくりしていました。
後で調べてみると羽田空港から小松空港へ向かうANAのジャンボ機でした。

富士山も通り過ぎて遠ざかっていく中で、一番ズームして富士山の頂上付近だけ撮ってみました。
c0172180_1740225.jpg


頂上付近が真っ白に染まった富士山を見た後、真っ白い雲が広がりはじめてきました。
c0172180_17415245.jpg


雲が広がってきたため、地上の景色も楽しめないなぁ~と思っていたら数分ほどで雲も少なくなり、浜名湖や伊良湖岬、鳥羽市付近の様子を見ることができました。
c0172180_1744875.jpg
c0172180_17441447.jpg
c0172180_17442421.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-03-31 17:45 | その他 | Trackback | Comments(2)

近畿地方への旅スタートです。

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

更新の頻度が低いため旅行記のUPが遅れておりますが、今度は3年前の12月に訪れた近畿地方への行った際の旅行記です。
ご覧いただけたら嬉しいです。

近畿地方へは修学旅行などで京都や奈良に行った以外に、伊丹や関西、神戸空港を利用したりする程度でゆっくり見たりしたことがないのですが、今回は奈良と和歌山を訪れましたのでその様子をUPいたします。

いつものように夜勤明けの眠い状態で、職場から自宅へと戻り、少々休憩を取った後、山形の自宅を出発しました。
雲はやや多いものの、お日様の光が降り注ぎ、北へ向かう飛行機が頭上を通っていきました。
早く飛行機から空の景色を見たいなぁ~とワクワクしながら自宅を出発しました。
c0172180_11272149.jpg


c0172180_11273439.jpg


自宅から徒歩で15分ほどの場所にあるバスターミルから仙台行の高速バスに乗車しました。
山形と宮城県の県境付近に差し掛かると山は真っ白な雪景色となっていました。
c0172180_11292051.jpg


雪景色を見ながらバスは宮城県へと入り、約1時間ちょっとで仙台駅前に到着しました。
駅前は少々人通りも少なく、コートで身を包んだ人たちが歩いていました。
仙台駅からは電車に乗り、仙台空港へと向かいます。
c0172180_11314787.jpg


仙台の街並みを見ながら電車は南下し、田園風景や新興住宅街、さらに大きなショッピングセンターが建つ名取市内を通過し、二十数分で仙台空港駅に到着しました。
クリスマス時期ということで駅から空港への連絡通路にはクリスマスツリーが並べられていました。
c0172180_11343143.jpg


手荷物検査を終えて、搭乗口へ向かうとこれから搭乗する飛行機が翼を休めていました。
c0172180_11352885.jpg


これからANA736便で伊丹空港へと向かいます。
15時過ぎの便ということでそれほど混んでいないのではと想像していたのですが、満席まではいかないもののかなりの人数が搭乗しました。

たくさんの人を乗せた飛行機は、仙台空港を離陸し伊丹空港へと向かいます。
離陸してしばらく経ち、窓の外を見ると雲は多いものの、雲の切れ間から福島県の沿岸部や太平洋が見えました。
c0172180_11385939.jpg


窓から見える景色を楽しんでいるとドリンクサービスがあり、ホットコーヒーをいただきました。
コーヒーを飲みながら青い空と雲の景色、そして機内誌を読みながら時間を過ごしました。
c0172180_11404889.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-03-25 11:41 | その他 | Trackback | Comments(4)

梅の花や菜の花を見に九州へ行ってきました。

しばらく続いた九州旅行記をご覧いただきましてありがとうございました。

まだまだ東北仙台は、朝晩冷え込んだり寒暖の差が大きく、昨夜から雪が降り出し、最大で7cmもの雪が積もり、雪の朝を迎えましたが現在は日差しもあり、少しずつ雪も融けだしています。

そんなまだ冬と春が混在している中で、先週の土曜日から2泊3日で九州に行ってきました。

東北ではまだまだ梅の花は咲いていませんが、九州ではきれいに梅の花を見ることができました。
また、黄色い絨毯が敷きつめられたような菜の花も見ることができました。

またまたここでクイズです。

今回訪れた街の写真をUPします。
さぁ~どちらの街かお判りになるでしょうか?
c0172180_10561554.jpg


c0172180_1057529.jpg


c0172180_10582921.jpg


ヒントは、ある島にある街で室町時代以降にポルトガルやオランダなどとの国際貿易港として栄えたました。今は本土と橋で結ばれていて、お城があり、さらに教会と寺院を一緒に見ることができました。

お判りになった方にはプレゼントでも差し上げることができるといいのですが・・・(笑)

クイズはここまでとして、こちらの写真は福岡県の南部に位置する小郡市で見かけた菜の花です。
明るい黄色の絨毯は、春らしくて見ているだけで元気が出ました。
c0172180_1112259.jpg


こちらは大分県の小京都と呼ばれる日田市の梅の様子です。
今年は寒い日が続いたため梅の開花も遅かったようですが、きれいに梅の花を見ることができました。
c0172180_11151424.jpg


c0172180_1115321.jpg


c0172180_11154314.jpg


今回の旅もとても楽しく、地元の方もお話ししたり美味しい食べ物もいただきました。

この様子を早くUPできるようにしたいと思います。

ご覧いただけたら嬉しいです。
[PR]

by sai-unn | 2012-03-24 11:17 | 日常 | Trackback | Comments(6)

やっと東北へ

田空港を離陸した飛行機は順調に北上し、東北地方へ向かっています。

機内からは青空と白い雲が半々に見えてきれいでしたが、次第に上空にも雲が広がりはじめ上下の雲に挟まれながらの飛行となりました。
c0172180_10564150.jpg


しかし、このような状態はあまり長く続かずに次第に下の雲が取れ始めてきて、地上の様子も見えるようになってきました。
c0172180_1057067.jpg


c0172180_10571657.jpg


羽田から1時間ほどで庄内空港に着陸しました。
庄内空港からは、バスで鶴岡市内へと向かいます。鶴岡市内行のバスに乗車する頃には辺りは暗くなり始めていました。
c0172180_10573031.jpg


バスは空港を出発し、街灯りや自動車の灯りを見ながら約20分ちょっとで鶴岡駅周辺に到着しました。
鶴岡駅近くにあるショッピングセンター内で、夕食を摂ることにしました。
温かいものが食べたくてラーメンを食べました。
c0172180_10575168.jpg

ピリッと唐辛子が絡んだ白髪ねぎがたっぷり入っていて、体がポカポカしました。

ラーメンを食べてお腹がいっぱいになった後、ショッピングセンターと一体になっているバスターミナルから今度は山形行のバスに乗車します。
案内板の灯りに照らされた暗く寒いバスターミナルでバスを待ちました。
しばらくすると山形行のバスが到着しました。
c0172180_1058939.jpg


c0172180_10582646.jpg


バスターミナルより数人のお客さんを乗せたバスは、鶴岡市内の別の停留所でさらにお客さんを乗せ、鶴岡ICより山形道に入りました。
途中、一般道へ降りたり再び高速道路に入ったりして約1時間40分ほどの乗車で山形市に到着しました。

雨により道路が濡れて、イルミネーションなど街灯りが道路に反射していました。
c0172180_10584859.jpg


長々と続きました九州の旅は終了いたします。
ご覧いただきましてありがとうございました。

次の旅行は、一昨年12月の近畿地方の旅の様子です。
ご覧いただけたらうれしいです。
[PR]

by sai-unn | 2012-03-20 10:59 | その他 | Trackback | Comments(4)

北九州から1時間ちょっとで羽田へ、そして乗り継いで庄内へ

北九州空港を離陸して、空の景色を楽しみながらコーヒーをいただき、1時間ちょっとで羽田空港に着陸しました。

いつもはANAを利用しているので羽田空港では第2ターミナルに到着するのですが、こちらの航空会社の飛行機はJAL等の飛行機がたくさん駐機している第1ターミナルに到着しました。
久しぶりに第1ターミナルに到着し、あちこちに赤い翼の飛行機が駐機していました。
c0172180_982784.jpg


第1ターミナルから第2ターミナルへは地下の通路を通って行き来することができます。
動く歩道を利用して第2ターミナルへ向かいます。
c0172180_985184.jpg


動く歩道を利用して間もなくすると第2ターミナルに到着です。これから長いエスカレートに乗り、手荷物検査場を通過し、搭乗待合室へと向かいます。
c0172180_99983.jpg


手荷物検査を受けて、庄内行きの搭乗口に到着しました。
既に庄内行の飛行機が出発準備をしていました。
c0172180_993416.jpg


飛行機に搭乗するまで少々時間があり、北九州空港で搭乗する直前にいただいたバーボンのミニボトルを撮ってみました。
まさかバーボンをいただけるとは思いませんでしたが、試供品として乗客に配られていました。
c0172180_995829.jpg


搭乗口からはこれから出発する飛行機、到着する飛行機など慌ただしく行き交う様子を見ることができ、可愛いポケモンジェットも見ることができました。
c0172180_9102260.jpg


間もなくして庄内行ANA897便の搭乗が開始され、たくさんの方が飛行機に搭乗しました。
出発機、到着機で賑わう羽田空港を庄内行の青い翼は定刻より少々遅れて離陸しました。

ここ数日、冬とはいえ九州で時間を過ごし、暖かさを感じながらあちこちの街を訪れましたが、これから北へ向かうと思うと、住んでいる地域に向かうとはいえ、寒い土地に行くのだなぁ~というちょっとブルーな気持ちになりました。(笑)
窓の外には澄んだ青空と厚い雲に覆われた景色が広がっていました。
c0172180_9105917.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-03-12 09:12 | その他 | Trackback | Comments(4)

初めて搭乗した飛行機からの眺め

北九州空港13時ちょうど発の羽田行の飛行機に搭乗します。
真っ黒い機体がこれから羽田へと連れて行ってくれます。
c0172180_1755963.jpg


満席に近いたくさんの人が搭乗し、北九州空港を力強く離陸しました。
鹿児島をはじめ福岡などを旅した今回のいろんな風景や出会った人を思い出しながら、どんどん飛行機は上昇し、九州の街並みが小さく見えて、いよいよ山形へ帰るんだなぁ~という実感が湧いてきました。

初めて搭乗した航空会社のこの飛行機は、座席は革張りとなっていて、座席の前にはディスプレィが装備され、現在、どの場所を飛行しているのかわかりました。
写真を撮った時は、ちょうど山口県付近の瀬戸内海上空を飛行していました。
c0172180_17553637.jpg


窓の外は雲が広がっていて地上の景色を見ることはできませんでしたが、翼にお日様の光が反射して輝いていました。
c0172180_175602.jpg


しばらくすると機内サービスが始まり、ホットコーヒーをお願いするとチョコレートも付いてきました。
カップの色もチョコレートの包装紙も黒で統一されてとってもかっこいいなぁ~と思いました。
c0172180_17562184.jpg


温かいコーヒーを飲みながら窓の外を見ていると、雲も取れ始めてきました。
c0172180_17564583.jpg


まもなくして地上の様子も見えてきました。
ちょうどこの時は、徳島市付近から阿南市までが見え、吉野川や映画のタイトルともなった眉山なども見えていました。
c0172180_17574250.jpg


この時の座席のディスプレイには、飛行高度が11274m、対地速度が1052km、外気温度がマイナス52℃と表示されていました。
c0172180_17575828.jpg


飛行機は瀬戸内海上空から近畿地方へ入ると再び雲が広がり、どんどん雲の厚みが増してしまい、この後羽田に到着するまでほとんど地上の景色を楽しむことができませんでした。
c0172180_17582124.jpg


c0172180_17583789.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-03-10 17:59 | その他 | Trackback | Comments(4)

北九州の郷土料理を味わい、足湯にも入りました。

お昼ちょっと前で、さらに下関駅でうどんを食べたことからお腹はあまり減ってはいませんでしたが、空港内にあるお店で、北九州の郷土料理である"ぬか味噌"で炊いたサバのぬか炊きというものを食べました。

お店の方には北九州が発祥の地である焼うどんを勧められたのですが、ぬか炊きというものを食べたくて注文してみました。

するとしばらくして注文したものがやってきました。
c0172180_18323176.jpg


ぬか味噌を使ったサバのぬか炊きは、小さい頃から食べている味噌煮とは風味も少し違い、サバがとても柔らかく煮込んであり、とても美味しくいただきました。

北九州の美味しい郷土料理をいただき、お腹がいっぱいになった後、展望デッキへと向かいました。
するとエプロンには、羽田行の自分が搭乗する一つ前の便が出発準備をしていました。
c0172180_1832528.jpg


展望デッキには、テーブルやイスが並べられていて、一瞬、ビアガーデンに見えてしまいました。(笑)
c0172180_18331045.jpg


ここ北九州空港の展望デッキには足湯があります。
有料ではありますが、大人は100円で入ることができます。
c0172180_18333517.jpg


c0172180_18334819.jpg


せっかくなので足湯に浸かることにしました。
空港周辺の景色を見ながら、足元からポカポカする足湯はとてもは気持ち良かったです。
この足湯を管理している方といろいろお話したのですが、この足湯目的で大分県から定期的に訪れる方もいるほど人気があるそうです。

足湯のそばには、北九州空港と結ばれている就航地を代表するものが展示されていました。
訪れた当時は那覇便もあったためシーサーが展示されていました。
c0172180_18341250.jpg


足湯に浸かり、ポカポカした状態で手荷物検査を受け、搭乗待合室へと入りました。
まだ少し時間が早いためか乗客の人たちの姿は少なく、待合室はそひっそりとしていましたが、待合室も広々としていてとても落ち着く空間でした。
c0172180_18343237.jpg


c0172180_18345485.jpg


これから13時ちょうど発の羽田行スターフライヤー80便(ANA3880便)に搭乗します。
c0172180_18351081.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-03-08 18:36 | その他 | Trackback | Comments(4)

北九州空港に到着

空港が見えてきて、バスは橋を渡りどんどん空港に近づいていきます。
海が目の前に広がる景色を見ながら、初めて訪れる北九州空港はどんな空港なのかなぁ~とドキドキしていました。
c0172180_9371885.jpg


長い橋を渡りいよいよ空港の敷地内へと入ってきました。
c0172180_93893.jpg


下関を出発し、1時間ちょっとで北九州空港に到着しました。

ターミナルビルの外観はガラス面が多く、とても近代的な感じがしました。
c0172180_923353.jpg


早速、建物の中に入りました。
旧北九州空港の小さなターミナルビルを訪れた時のことを思い出しながら、新しい空港の建物は広々として新しいなぁ~
と思いながら、館内に飾り付けられたクリスマスツリーやサンタさんを見ました。
c0172180_9232240.jpg


c0172180_923367.jpg


階段を上がり、2階部分に行くと吹き抜けがあり、さらに広々とした空間がありました。
c0172180_9235624.jpg


航空会社のカウンターの前には、金色に輝くお祭りの山車と太鼓が展示されていました。
これは毎年7月に開催される小倉祇園祭のPRのものでした。
初めてこのようなお祭りがあることを知り、いつかまた北九州を訪れた際に小倉祇園祭を見てみいたなぁからと思いました。
c0172180_9241894.jpg


c0172180_9243159.jpg


これから13時発の羽田行の飛行機に搭乗しますが、少々時間があるのでこれから少し早い昼食を摂ることにします。
c0172180_9245322.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-03-04 09:26 | その他 | Trackback | Comments(4)

下関から関門橋を通り再び九州へ

下関駅前からバスに乗り、北九州空港へと向かいます。
市内の停留所に立ち寄りながら、バスは下関ICより高速道路に入りました。

高速道路に入り間もなく、大きな橋が見えてきました。
本州と九州を結ぶ関門橋です。
c0172180_10543637.jpg


この橋は昭和48年(1973年)に完成し、長さが1068mで当時は東洋一の吊り橋でした。

バスは橋の上を通り、車窓からは関門海峡と本州側の下関市が左手に見え、そのうち関門海峡の上を通り、
あっという間に、九州側の北九州市に入りました。この間ものの数十秒でした。

c0172180_10513410.jpg


c0172180_1056246.jpg


c0172180_10564088.jpg


再び九州に入りました。
バスは一旦、門司港ICで高速道路から一般道へと入り、門司港にあるバス停に向かいます。
この時はまだ門司周辺を散策したことが無く、車窓から見えた施設案内板をいつか行ってみたいなぁ~と思いながら眺めていました。
c0172180_1057129.jpg


バス停で数人のお客さんを乗せて、門司ICより再び高速道路に入りました。
交通量の多い九州道を南下し、しばらくすると案内板に北九州空港と書かれた飛行機のマークが見えてきました。
c0172180_10581235.jpg


北九州JCTから東九州道へと入ります。
車窓からは遠くの山々や住宅がたくさん並んでいる様子が見えました。
c0172180_10584165.jpg


車窓を見ながらしばらくするとバスは苅田北九州空港ICで高速道路をから一般道へと入りました。まもなくすると海が見えて、海上に浮かぶ北九州空港のターミナルや管制塔などが見えてきました。
c0172180_10591420.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-03-03 11:00 | その他 | Trackback | Comments(4)