空の旅と身近な風景


飛行機での旅が大好き!
by 彩雲
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:00
rosa55555さん、..
by sai-unn at 10:57
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:23
3日間の出張、お疲れ様で..
by rosa55555 at 22:38
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:33
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:30
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:26
お写真の中にある建設中だ..
by rosa55555 at 22:21
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:14
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:11
イチオシブログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
豪雪に磨かれた岩壁と高山..
from dezire_photo &..
羽田空港
from ★お気楽にょろちゃん★
6月の徳川園、菖蒲池のカ..
from 旅とお散歩、あちらこちら
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


到津の森公園(その2)

到津の森公園内を散策し、ロバやヤギ、顔を近づけてきてくれたアライグマなど可愛い動物をたくさん見ることができました。
また、ちょうど時間帯がよかったのか、プレーリードックにエサを上げることもでき貴重な体験をすることができました。

園内をさらに散策すると、美しい色をした華麗なフラミンゴが一本足で立っていました。
c0172180_9531133.jpg


フラミンゴの近くには、キリンさんがいました。カメラを向けるとこちらをずっと見てくれて、カメラ目線というか、かなり上からの目線を感じました。(笑)
c0172180_9552141.jpg


キリンさんを見ていると賑やかなチビッコたちの声が聞こえてきました。
幼稚園児と思われる黄色や緑色の帽子を被った可愛い子供たちが、保母さんたちに連れられて園内を散策していました。とても微笑ましく思いました。
c0172180_9581618.jpg


微笑ましい光景を見た後、動物園に行ったら必ず見てしまうライオンさんもこちらの公園にはいました。立派なたてがみのオスのライオンの近くにメスのライオンさんもいて2頭とものんびりくつろいでいました。
c0172180_1013413.jpg


ライオンさんを見た後、南国の木々を見ながらジャングルの中に入ったような気分になりながら次の動物を見ることにしました。
c0172180_1032910.jpg


小さな動物から大きな動物までいろんな動物を見てきましたが、次に見たのは暖かそうなふさふさの毛に覆われたくちばしが太い鳥でした。
c0172180_1053236.jpg


案内板にはこちらの鳥は、ワライカワセミというオーストラリア南部の森林地帯に棲む鳥でさえずりが人の笑い声ににていることからこの名前が付けられ、日本のカワセミは水の中に飛び込んでエサを獲りますが、こちらのワライカワセミは地上でエサを獲るということが書かれていました。

日本では見られない貴重な鳥を見て、今度は再び大きな動物を見ました。
こちらも子供さんに人気のあるゾウさんです。
c0172180_10122199.jpg


写真の両端に2頭のゾウさんがいるのがわかりますか?
真ん中に大きな岩があり、ゾウさんとほとんど色が一緒なので遠くから最初見た時に岩とゾウの区別がつきませんでした。(笑)
さらに2頭とも同じようなポーズをとっていました。(笑)
[PR]

by sai-unn | 2012-01-29 10:16 | その他 | Trackback | Comments(6)

到津の森公園(その1)

立派な小倉城や素敵なお庭などを見て時間を過ごし、次の目的地へと向かいました。

周りにビルが立ち並ぶ景色を見ながら交通量の多い道を進み、約20分ほどで到津(いとうづ)の森公園に到着しました。

こちらの公園にはたくさんの動物がいるということで、どのような公園なのかなとワクワクしながら公園の中に入りました。

すると早速、ロバさんがいました。人を乗せることができるようでロバさんの背に鞍が載っていました。
つぶらな瞳がとっても可愛く、おとなしくしていました。
c0172180_1524813.jpg


ロバさんに出迎えられて園内を散策します。公園名に森が付くだけあって周りに木々がたくさん見られ、遠くの山々なども見ることができる見晴らしの良い場所に公園がありました。
c0172180_15252699.jpg


平日とあってか人もあまり多く見られず、のんびり周りの景色を見ながらいろんな動物を見ることができました。
とても賑やかだったのが、ヤギさんの集団でした。あちこちからメェ~という鳴き声がして賑やかでした。
c0172180_1529598.jpg


立派な角が生えたオスのヤギさんが多い中、ひなたぼっこをしている子ヤギさんもいました。
c0172180_15301842.jpg


青空が広がりお日様の光を浴びながら散策していると、遠くには観覧車も見えました。
c0172180_15325128.jpg


動物を見たりする他にも観覧車などもあり、一日お子さんと遊ぶにはいいところだなぁ~と思いながら歩いていると、お子さんたちが集まっている光景が見えました。
近づいてみると、飼育員さんがお子さんたちにエサ(さつまいも)を渡して、それを小さな動物に与えていました。
自分も見ていると飼育員さんがエサを渡してくれたので、小さく切ったさつまいもをプレーリードックにあげました。すると、手に持って美味しそうに食べていました。
c0172180_15365654.jpg


とても可愛い食べ方をしているプレーリードックの近くには、おなじみのアライグマさんがいました。
c0172180_1539765.jpg


可愛いなぁ~と思ってカメラを向けていると興味があるのか近づいてきて、このようなアップの写真も撮ることができました。(笑)
c0172180_15401177.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-01-28 15:40 | その他 | Trackback | Comments(4)

小倉城庭園へ

小倉城を見ながら歩いていると、小倉城庭園がありました。
こちらの庭園は、平成10年にお屋敷跡に作られ、池泉回遊式庭園の他に大名屋敷を再現したものが建てられています。

早速、庭園の入り口に向かいました。
c0172180_13254016.jpg


入り口から中に入ると、山茶花でしょうか。ピンク色のお花がたくさん咲いていてきれいでした。
c0172180_13255629.jpg


きれいに整備された道を歩き、ビルが周りに立ち並び交通量も多い道が近くにあるにも関わらず静けさ漂うお庭の中に入りました。すると、池の周りには色づいたカエデが目に飛び込んできました。とても落ち着くお庭でした。
c0172180_1326163.jpg


c0172180_1326319.jpg


お庭を散策していると、目の前にはススキと池を挟んで武家屋敷を再現したとても立派な建物がありました。
c0172180_13265663.jpg


落ち着いた気分で橋を渡ったり、色づいたカエデを見ながら園内を散策しました。
c0172180_13271585.jpg


c0172180_1327287.jpg


建物に近づくととっても大きく、こちらの建物の中では茶会などもできるお座敷などがあるようです。
c0172180_1328190.jpg


お城に続いて庭園を楽しんだ後は、お濠に映るお城を見ながら小倉城を後にしました。
c0172180_13282056.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-01-23 13:29 | その他 | Trackback | Comments(4)

天守閣から見た北九州の街並み

お城の中を散策していろんな展示物を見たりして楽しみました。

そして天守の最上階に向かいました。
最上階からは、北九州の街並みを見ることができました。

お殿様になった気分で眺めましたが、近代的な高層ビルが立ち並び、工場群の煙突からもくもくと吐き出される煙が見えたりと、当時のお殿様たちは小倉はじめこの周辺がこのような大きな街となるとは想像もつかなかったことでしょう。
c0172180_21474680.jpg


c0172180_21475812.jpg


c0172180_21481312.jpg


ビルなどが立ち並ぶ北九州の街並みの他に、鯱を間近に見ることができました。
遠くからだと小さく見えますが、間近で見るととても大きいなぁ~と感じました。
c0172180_21483845.jpg


しばらくお城の中で時間を過ごした後、お城から出ました。

赤く色づいたカエデとお城の様子や立派な石垣とお城の全景を見ながら、小倉城庭園へと向かいました。
c0172180_2149325.jpg


c0172180_2149149.jpg


c0172180_21492812.jpg


c0172180_21494512.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-01-17 21:50 | その他 | Trackback | Comments(6)

お城の中を散策

小倉城の中に入ってみるとジオラマがあり、その当時の小倉の町の様子や人々の生活の様子がわかります。
活気にあふれる町だったのだろうなぁ~と思いながらジオラマを眺めました。

お城の中は禁煙となっており、写真のような看板があり、一目で喫煙はだめですよということがわかり面白いなと思いました。
c0172180_9221714.jpg


展示物も豊富で、"迎え虎"と呼ばれるどこから見ても真正面からこちらを見ている迫力ある絵や大名が乗る籠などが展示されていました。この籠には乗ることができます。
c0172180_922427.jpg


c0172180_9225957.jpg


その他、お祭り(祇園)で使用されていた山車で、1857年に作られ福岡県の有名民俗文化財にも指定されている古船場町山車も展示されていました。
c0172180_923236.jpg


観光客の方に楽しんでもらうために、戦国武将やお姫様、さらに関門海峡に浮かぶ巌流島で佐々木小次郎と宮本武蔵の決闘があったかことから、それらの顔はめパネルがありました。
c0172180_9234664.jpg


c0172180_9235822.jpg


展示物が豊富なお城の中を散策していると、つまようじで作られた全国各地のお城のミニチュアが展示されていました。
つまようじを上手く使い細かいところまで再現したことに感心しました。
c0172180_9241719.jpg


c0172180_9243439.jpg


全国にはたくさんのお城があり、旅先にお城があると今回のようについつい立ち寄ってしまいますが
つまようじで作られたお城とそれぞれのお城のポスターを見ると、まだまだ訪れたことのない土地にたくさんのお城があるのだなぁ~と思い、いつか訪れてみたいなと思いました。
[PR]

by sai-unn | 2012-01-15 09:25 | その他 | Trackback | Comments(4)

九州旅行記を再開します。

平成24年に入り、早いもので2週間が経ちました。

年末・年始を挟み、それでなくても更新間隔が空いてしまう状態が続いておりましたが、九州旅行記を再開したいと思います。
ご覧いただけたらとても嬉しいです。

小倉城の周りを散策しながらお城へと向かいます。
イチョウの葉の鮮やかな黄色のジュータンと真っ赤に色づいたカエデの葉のコントラストが美しく目を引きました。
c0172180_10401342.jpg


イチョウの葉のジュータンを踏んでいる音が聞こえました。よく見るとハトが落ち葉の上を元気よく走っていました。
c0172180_10404074.jpg


目の前に立派な天守の小倉城がどんと構えていました。
c0172180_1041073.jpg


こちらの天守は、1837年に焼失し、現在は天守は1959年(昭和34年)に復興されたものです。

お城の入り口には"小倉城"と書かれた立派な看板がありました。
c0172180_10412521.jpg


入り口近くの石垣の前には大きな木の切り株のようなものがあり、木のそばには"響灘の桂化木(けいかぼく)"と書かれた看板が立っていました。
c0172180_10415632.jpg


響灘は、山口県の長門市から福岡県の宗像市付近を示す海域で、木の幹が地層に埋もれて化石になったものを桂化木と呼ばれ、この桂化木は響灘の海底から見つかり、今から4000万年前のものということです。

4000万年前といっても想像できない時代のものが見つかるということはとてもロマンがあるなぁ~と思いながらお城の中に入りました。

中に入ると当時使われていたものなどが展示されていました。
いろいろ見ていて興味があったのは、城下町小倉の町のにぎわいを表したジオラマです。
c0172180_10423458.jpg


c0172180_10425297.jpg


ジオラマからも当時のにぎわいが感じられ、見ていてタイムスリップして小倉の町を散策しているような感覚でした。
[PR]

by sai-unn | 2012-01-14 10:44 | その他 | Trackback | Comments(4)

慌ただしい旅の前にも雪深い所へ行ってきました。

1月6日夜~8日早朝にかけて、仙台から夜行高速バスを利用して遠くへ行ってきました。
行った場所の写真をクイズ形式にしましたが、いただいたコメントは正解でした。

実は、その前にも先月29日~30日にかけて休暇を利用して雪深い地方に行ってきました。
この時も高速バスを利用し、青森県の津軽地方を訪れました。

早朝、仙台の自宅を出発し歩いていると、陽が昇るまで時間がかなりありましたが空は少し明るくなっていて、オーロラのようなきれいな雲が見えていました。
きれいだなと思って写真を撮ったのですが、この雲は後日地元の新聞に、"夜光雲"という高い場所に発生する特殊な雲ではないかという記事が載っていました。
c0172180_11241018.jpg


朝から晴れてきれいな雲を見た後、高速バスに乗車し、仙台~盛岡~弘前と乗り継ぎました。
穏やかな仙台の天気が北上するにしたがい周辺の景色は雪景色となって時折雪も降っていました。

盛岡から乗車した高速バスが休憩場所として秋田県鹿角市の花輪SAで停車した際に撮ったSA周辺の景色です。
c0172180_1129185.jpg


雪景色の中をバスは北上し、弘前駅前のバス停で下車しました。仙台から途中盛岡での乗り継ぎ時間を含めて5時間半ほどで弘前に到着しました。
JR弘前駅ま中には、夏祭りとして有名な"弘前ねぷた"が展示されていました。
c0172180_11321464.jpg


弘前駅から列車に乗り、五所川原市へ向かいました。
車窓からはりんご畑が広がっていました。
c0172180_11362330.jpg


五所川原駅で下車し、今度は津軽鉄道の五所川原駅へと向かいました。
津軽鉄道というとストーブ列車が運行されていることで有名です。

ホームには1950年代に作られた元国鉄の車両が停車していました。
この車両に乗車します。
c0172180_11425733.jpg


車内に入ると石炭ストーブが2つ備え付けられていて、カメラを持った鉄道ファンや家族連れの人たちで賑わっていました。
テレビでは何度も見たことがあるのですが、間近で見た石炭ストーブに感動し、小学生の頃に学校でこのようなストーブが教室にあったことを思い出しました。
c0172180_11459100.jpg


トレインアテンダントと呼ばれる女性乗務員の方の津軽弁でのガイドを聞きながら終点まで47分のストーブ列車の旅を楽しみました。
車窓からは雪景色の津軽平野が吹雪いて遠くが霞んでいました。
c0172180_11491750.jpg


津軽鉄道の列車に乗り1往復を乗車し、再び弘前へと戻り宿泊しました。

翌朝、7時前の盛岡行の高速バスに乗るためホテルを出発しました。
雪が舞う朝の弘前はとっても寒かったです。
c0172180_11505520.jpg


この後、盛岡でバスを乗り継ぎ仙台へと戻りました。

この様子も後日UPしたいと思いますのでご覧いただけたら嬉しいです。
[PR]

by sai-unn | 2012-01-09 11:52 | 日常 | Trackback | Comments(8)

慌ただしい旅をしてきました。

平成24年となり一週間が経ちましたね。まだお正月気分も抜けないまま、7日~9日まで3連休という方も多いかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

6日夜から7日に今年最初の旅をしてきました。

いつも慌ただしいバタバタ旅なのですが、今回はさらにバタバタした旅でした。(笑)

6日の夜に仕事を終えて、いつもなら飛行機を利用するのですが、今回は夜行の高速バスを利用しました。
仙台からバスに乗り、約9時間半ほど乗車して大きな街に到着しました。
c0172180_16141452.jpg


その後、電車でさらに移動してある街に到着した後、レンタカーであちこち行ってきました。

写真は、山々や地上にも雪が積もっていましたが、ここでは戦国時代に東西の軍に分かれて決戦が行われた場所です。
c0172180_16154552.jpg


また、白波が立つ海のような大きな湖の周辺も散策してきました。
c0172180_16194849.jpg


湖周辺の街には、とっても有名なマスコットキャラクターがいました。"ゆるキャラブーム"を作りましたね。
c0172180_16213326.jpg


ちょっと時間があったため、少し車を走らせ日本三大松原の一つで名勝にも指定されている場所にも行ってきました。
c0172180_16231771.jpg


短い時間でしたが、凝縮された濃い時間を過ごすことができました。

その後、再び電車で移動し、日本三名園の一つがある小京都と呼ばれる街に到着しました。
c0172180_16255866.jpg


雪が降る中、夜行高速バスに8時間半弱乗車し、今朝仙台に到着しました。

いつもならあっという間に目的地へと到着する飛行機を利用していましたが、今回は時間が掛かりますが、夜の時間を利用して目的地に早朝到着する夜行高速バスを利用しました。

少し疲れましたが、バスの移動もそれほど大変ではなく、また利用して短い時間でも旅をすることが出来たらいいなと思っております。

今回の旅の様子は・・・ まだまだ先になりますがご覧いただけたら嬉しいです。

写真からどこに行ったのかお判りになるかもしれませんが、今年最初のクイズにしたいと思います。(笑)
[PR]

by sai-unn | 2012-01-08 16:32 | 日常 | Trackback | Comments(6)

今年はいいことがありますように

2012年となり2日目となりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

お家でのんびりされたり、駅伝を見たり、また帰省先でのんびりとした時間をお過ごしのことと思います。

こちらは家でのんびりとした時間を過ごし、テレビで帰省先から戻るUターンが始まり、高速道路や鉄道などが混み始めているニュースを見たり、長時間のお正月特別番組などを見たりしていました。

仙台は日差しが降り注ぐ、少し暖かさを感じる天気でした。

そんな感じで穏やかなお正月を過ごしております。

年末の日記にも書きましたが、昨年は一生忘れられない出来事がありました。
今年は仮設住宅などでお正月を迎えたりしている方がたくさんいます。

今年は復興が一番ですが、政治の世界も一致団結して復興および原発、さらに山積みになっている諸問題を解決していただきたいと思います。

一日も早く、被災された方が住み慣れた場所での生活や遠く離れた場所で生活されている福島の方が故郷に戻って安心して生活できることを願います。

今年は辰年ですので、みなさんの運気が上昇し、いいことがたくさんあるといいなと思います。

写真を1枚UPします。
この写真は、昨年の10月に仙台から伊丹までの飛行機に搭乗した際に撮った富士山です。
今年はこの写真を年賀状に使用しました。

富士山を見るたびに日本人でよかったなぁ~と思います。
c0172180_2283710.jpg

[PR]

by sai-unn | 2012-01-02 22:09 | 日常 | Trackback | Comments(12)

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

昨年もお世話になりましてありがとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


昨年は地震や台風による大きな災害がありましたが、今年は平穏で明るく楽しい一年であることを願っております。

みなさんのお住まいの地域では初日の出を見ることができましたか?

私の住んでいる仙台では薄い雲が多めですが、朝早く起きて職場近くの公園に行ってみました。
雲に隠れながらも初日の出を見ることができましたのでUPします。

最初は、6時55分頃の様子です。
少しだけお日様の頭が見えてきました。
c0172180_10483360.jpg


公園には朝日を見ようと数人の方がお日様が見える場所に集まっていました。

こちらは7時7分頃の様子です。
空がオレンジ色に染まりだいぶお日様が見えてきました。
c0172180_1050966.jpg


だいぶお日様が見えて約6分後の7時13分に輝くお日様の姿を見ることができました。
c0172180_10513386.jpg


今年も仕事に遊びに頑張ろうと初日の出を見ながら心に誓い、ブログも少しずつ更新して、これまでの旅の様子をもっとみなさんにご覧いただけようにしたいなと思います。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]

by sai-unn | 2012-01-01 10:55 | 日常 | Trackback | Comments(6)