空の旅と身近な風景


飛行機での旅が大好き!
by 彩雲
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:00
rosa55555さん、..
by sai-unn at 10:57
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:23
3日間の出張、お疲れ様で..
by rosa55555 at 22:38
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:33
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:30
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:26
お写真の中にある建設中だ..
by rosa55555 at 22:21
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:14
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:11
イチオシブログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
豪雪に磨かれた岩壁と高山..
from dezire_photo &..
羽田空港
from ★お気楽にょろちゃん★
6月の徳川園、菖蒲池のカ..
from 旅とお散歩、あちらこちら
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


まだ訪れたことのない県に行ってきます。

長崎旅行記をご覧いただきましてありがとうございます。

旅行記の途中ですが、明日からまた出掛けます。

今度は、今までに訪れたことの無い県を訪れます。今まで2つの県を訪れたことが無かったのですが、先日の旅行で初めて岐阜県を訪れたので、最後に残ったのは三重県です。

伊勢・志摩など観光地が多く、以前から行ってみたいと思っていたのですが、なかなか行くことができませんでした。今回は、伊勢などを見て回る計画は無いのですが、初めての三重県の旅を楽しむことができたらいいなと思っています。

今のところ天気はまあまあなので、いつものように楽しんできたいと思います。

それでは行ってきます!!

写真は、先日、山形市で見られた環水平アーク(水平環)と呼ばれる大気光学現象です。

お日様の光が雲の氷粒に当たって水平の虹として見える現象です。
c0172180_18334322.jpg


c0172180_18335457.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-05-27 18:36 | その他 | Trackback(1) | Comments(14)

浦上天主堂

初めて訪れた平和公園で、テレビでしか見たことのない平和祈念像を間近に見ることができ、世界各国からの平和を願うモニュメントをはじめ、被爆で亡くなられた方を慰霊するモニュメントなどがたくさんありました。
この公園を見て、平和を願わずにいられない気持ちになりました。

平和公園の近くに、名前を聞いたことがある浦上天主堂があるとのことで、勉強不足で恥ずかしいのですが、浦上天主堂とはどんなところなのか判らないまま浦上天主堂のある方向に歩いてみました。

平和公園は、丘の上にあるので坂道を下りて目的地へと向かいます。
石畳の素敵な坂道をゆっくり下りていきました。下りてきた石畳の道を振り返って写真を撮ってみました。
c0172180_16324147.jpg


たくさんの観光客が訪れる街だけあって、案内板に観光客向けの各施設の方向や距離が親切に表示されていて、初めて訪れた人にも優しい心配りだと思いました。
c0172180_16343715.jpg


公園の坂道を下りて歩いていると、途中に商店街があって入り口の看板には平和町商店街と描かれていて、鐘とハトのモニュメントがありました。
平和を願う街だけあって、町名にも平和が付けられているのだなぁ~と思いました。
c0172180_16374547.jpg


平和公園から歩いて10分もしないうちに案内板に沿って歩いていたら、浦上天主堂に到着しました。
どのような建物なのかなぁ~と思っていたらレンガで造られた立派なキリスト教の教会でした。
こちらの歴史を調べてみると、1914年(大正3年)に作られ、第二次世界大戦中に原爆の被害に遭い、ほぼ全壊してしまいました。爆心地から500mほどの距離にあったため、教会にいたたくさんの信者の方がお亡くなりになったとのことです。
1959年(昭和34年)に全壊した天主堂の形を模り新築されました。
とても立派な教会で、有名な場所ということからたくさんの観光客が建物をはじめマリア像などの写真を撮ったりしていました。
c0172180_16465845.jpg


c0172180_1647991.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-05-26 16:47 | その他 | Trackback | Comments(10)

平和公園

シカさんがたくさんいる稲佐山公園から公園つながりで今度は、平和公園へ向かいました。

平和公園は、長崎に投下された原爆の爆心地とその周辺に平和を祈念して作られた公園です。

修学旅行で広島に行った時に見た原爆資料館での当時の様子や資料を見てとてもショックでした。
広島の平和公園と原爆ドームを見て、市民が犠牲になる戦争はこの世界から無くなって欲しいという気持ちになりました。

せっかく長崎に来たので、世界平和を願うためにも平和公園を訪れようと思いました。

公園に着いてまず目についたのが、よくテレビで見たことがある平和祈念像でした。
c0172180_9435482.jpg


c0172180_944597.jpg


こちらの像は長崎出身の彫刻家の方によって昭和30年に完成した青銅製で、高さが9.7m、重さは約30トンほどあり、平和への願いが込められています。
この像を間近に見て、現在の日本の平和は、戦争によって犠牲になったたくさんの方々がいたからこそ、今みんなが平和で暮らしていることを改めて感じ、本当に心から平和を願わずにいられませんでした。

平和祈念像の反対側には、さきほどまでいた稲佐山が見え、"平和の泉"と呼ばれる噴水がありました。
c0172180_9502394.jpg


c0172180_9503858.jpg


平日とあって訪れている人が少なかったのですが、静かな公園内には世界各国から贈られた平和を表現しているモニュメントや、この周辺の軍需工場で働いていた学生さんや女学生さんがたくさん亡くなられてその方たちを慰霊するための長崎の鐘と呼ばれるモニュメントがありました。
c0172180_9572499.jpg


c0172180_9574562.jpg


c0172180_9575655.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-05-25 09:58 | その他 | Trackback | Comments(10)

稲佐山公園

長崎水辺の森公園を1時間ほど散策して、海辺の風景や広大な芝生の風景、出島ワーフなども見ることができました。
公園から次の目的地である公園へと向かいました。

宿泊先のホテルや長崎水辺の森公園からも見えた、日本三大夜景の一つである長崎の夜景を見ることができる稲佐山(標高333m)です。

その8合目付近にある稲佐山公園に行きました。
皆さんだったらきっとロープウェイに乗って稲佐山山頂から長崎の素晴らしい夜景や街の風景を楽しまれるかと思いますが、彩雲は車での移動が多いため、車で山の行ける所まで行きました。

その終着点が稲佐山公園でした。

公園はとても広くて、噴水や藤棚があり、子供さんのための遊具などもありました。
訪れた時は人もほとんどいない状態でひっそりとしていました。
遠くに見えていた稲佐山山頂付近にあるテレビアンテナが間近に見えて、だいぶ山頂に近い場所まで来たのだなぁ~と思いました。
c0172180_19165515.jpg


c0172180_1917726.jpg


c0172180_1917181.jpg


c0172180_19172960.jpg


遊具や噴水のある場所から少し歩いて行くと、シカ園があり、たくさんのシカさんがいました。
c0172180_19181597.jpg


たくさんのシカさんがのんびりしていて、見ていてもこちらものんびりした気分になりました。
c0172180_19191416.jpg


すると数頭の立派な角のあるオスたちがこちらをずっと睨み続けていて、自分が何か悪いことでもしたのかなぁ~と思いました。(笑)
c0172180_19202265.jpg


せっかく稲佐山を訪れたのに、ロープウェイには乗らず、シカさんに睨まれて、そのまま再び市内へと向かいました。その途中、長崎の街並みが見えたので車を止めて写真を撮りました。
c0172180_1922967.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-05-24 19:23 | その他 | Trackback | Comments(12)

長崎水辺の森公園(その3)

出島ワーフ周辺を散策して、ヨットがたくさん係留されている海の駅や素敵な出島ワーフの建物などを見ることができました。

遠くから見えていた中国の船と思われる船に近づいてみました。
c0172180_9474846.jpg


船首には、怖そうな虎が描かれていて、何本か帆柱(マスト)が立っていてどうやら帆船のようでした。
船尾の方はどうなっているのかなと思って、船尾の方に行くと鷲のような鳥が描かれていて、船を操縦する場所である船橋にも、テレビで見たことがある京劇に出てくるような人が描かれていました。
日本の船とは全然違う雰囲気に驚きました。また、この船で中国からやってきたのかなぁ~と思いながら船を見ました。
c0172180_9553959.jpg


c0172180_9555262.jpg


c0172180_9561014.jpg


船を見た後、再び、長崎水辺の森公園方面に戻りました。
海辺の風景からちょっと雰囲気の違う、木々を見ながらの公園散策となります。
c0172180_9581325.jpg


緑を眺めながらのんびり歩いて、階段を駆け上がると再び、長崎港と女神大橋の風景が見えてきました。
c0172180_9594231.jpg


眺めの良い風景を見て、階段を下りると石畳が円形になっている所がありました。
ここは、月の舞台と呼ばれる野外劇場でした。
c0172180_1033659.jpg


野外劇場には、海辺の風景が間近にあり、広大な芝生もあってたくさんの人が芝生に座りながら舞台作品などを観ることができるのだろなぁ~と思いながら、こういう施設がある公園は素敵なことだと思いました。
c0172180_1071886.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-05-23 10:09 | その他 | Trackback | Comments(8)

長崎水辺の森公園(その2)

今にも雨が降り出しそうな曇り空の下、長崎港内は波はとても穏やかで、県内の離島を結ぶ高速船やフェリーが発着する大波止ターミナルには高速船が停泊していていました。今回の旅では船は利用しませんでしたが、次回訪れた際は船を利用して離島などにも行ってみたいなぁ~と思いながらターミナルの風景や港の周りの風景を眺めていました。
c0172180_1618065.jpg


潮の香りが漂う岸壁を歩いていると、遠くに見たことのない船が停泊していました。
c0172180_16194844.jpg


漁船や貨物船とも違う形の船なのでどういう船なのかなぁ~と思いながら、その船が停泊している方向に向かいました。
向かっている途中に、きれいに整備されている木道と、その脇には大きな貨物船などが港内で移動する時に、タグボートと呼ばれる小さな船に押されたりしている様子を見たことがあるかと思いますが、そのタグボートが何隻も並んで係留されている光景がありました。
c0172180_1623444.jpg


また、"NAGASAKIDEJIMA WHARF"と描かれた看板が付いたお洒落な建物も発見しました。
c0172180_16263136.jpg


お洒落な建物の近くまでやってきました。
ここは、長崎水辺の森公園に隣接している長崎出島ワーフと呼ばれる商業施設でした。
c0172180_1631163.jpg


飲食店を中心に数軒のお店があり、オープンカフェのお店などがありました。長崎の港を見ながらお茶するっていいなぁ~と思いながら、開店前でひっそりとしている出島ワーフ周辺を散策しました。

出島ワーフの向かいには、ヨットハーバーがあり、数隻のヨットが係留されていました。
c0172180_1634367.jpg


このヨットハーバーは、ながさき・でじま 海の駅という看板が付いていました。
c0172180_16355163.jpg


道の駅にはよく行くのですが、海の駅というのもあるのだなと初めて知りました。
[PR]

by sai-unn | 2010-05-22 16:37 | その他 | Trackback | Comments(6)

長崎水辺の森公園(その1)

海辺に面した長崎水辺の森公園をのんびり散策することにしました。
潮の香りを感じながら稲佐山や長崎港内を見ることができ、とっても素敵な公園です。

遠くには大きな橋も見えていました。いつもコメントをして下さる、めん・たいこさんからのコメントにも書き添えられていましたが、女神大橋(ヴィーナスウィング)と呼ばれるとっても素敵な名前の橋でした。
公園内に女神大橋の案内板がありました。平成17年に長崎市の南部と西部を結ぶ橋として完成し、全長は1289mの斜長橋で海面からの高さが65mあり、歩行者は無料で自動車は通行料金がかかります。
この日はあいにくのどんよりとした曇り空でしたが、晴天だとこの橋はもっと目立って輝いていたのだろうなぁ~と思いながら橋を眺めていました。
c0172180_9312362.jpg


c0172180_9313957.jpg


長崎港内の様子を眺めながら、きれいに整備されている遊歩道を歩きながらのんびり散歩気分で歩きました。
途中、大きなソテツがあり、バックには女神大橋が見えていました。
c0172180_9334868.jpg


c0172180_934532.jpg


広大な公園を歩いていると途中に橋があり、下を海水が流れていました。

普段、公園といったら池や小川を跨ぐ形で小さな橋などがあったりしますが、海を跨ぐ橋が公園内にあるとは思わず、橋の下に魚がいないかなぁ~と思いながら橋を渡りました。(笑)
c0172180_9375968.jpg


橋を渡るとまた雰囲気の違う光景が現れました。
きれいに整備された岸壁があり、遠くまで続いていました。岸壁の周辺には芝生の広場があって、海を見ながら芝生で遊ぶことができるとても広々とした空間でした。
c0172180_944720.jpg


岸壁を歩いていると、大波止ターミナルへと向かう高速船を見ました。バックには停泊している軍艦が見えました。
c0172180_945746.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-05-21 09:47 | その他 | Trackback | Comments(8)

路面電車に乗り、公園へ

湊公園で長崎ランタンフェスティバルの準備風景を見て、いつかこのイベントを見てみたいなぁ~と思いながら、電停のある場所を探しました。
しばらく歩くと大きな通りに出て、路面電車を見つけました。
c0172180_18205176.jpg


これから路面電車に乗って、レンタカー屋さんまで行かなければならないのですが、今まで路面電車が走っている街をいくつも訪れていても乗ったことが無く、どのようにして道路の真ん中にある電停まで行けば良いのかとか、運賃はバスと同じように降りる時に支払えばいいのかなどいろいろ考えながら、何とか電停にたどり着くことができました。
c0172180_18261089.jpg


しばらくすると電車が到着し、人生で初めて路面電車に乗りました。
歴史を感じる車両と普段乗り慣れている市民の皆さんの雰囲気かとってもいい感じでした。
お年寄りからお子さんまで乗車していて、市民の足として重宝されているのだなぁ~と感じました。
c0172180_18282172.jpg


初めての路面電車にワクワクしたのも束の間、あっという間に目的地の電停に到着し、スムーズに運賃を支払って下車しました。
電停の近くにあるレンタカー屋さんに行き、車を借りて最初の目的地に向かいました。
最初の目的地は、長崎水辺の森公園という海沿いの公園です。
何と、この公園はレンタカー屋さんと道路を挟んで向かい側の位置にあり、車を借りて1分ほどで到着してしまいました。(笑)
早速、公園内を散策します。
長崎港などを臨むとっても広大で立派な公園でした。海辺の道はきれいに整備され、テレビアンテナが建ち並ぶ稲佐山や造船所などを見ながらのんびり海辺の道を歩くことができます。
c0172180_1835367.jpg


c0172180_18354864.jpg


c0172180_1836022.jpg


c0172180_18361539.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-05-20 18:37 | その他 | Trackback | Comments(8)

のんびり散策(その2)

提灯がいくつも吊り下げられている道を散策しながら、電停の場所を探しながら同じ道を行ったり来たりしていました。

ある道を歩いていると、商店街の看板の支柱に旧唐人屋敷通りと書かれていました。
c0172180_9441862.jpg


長崎というとオランダの人が住んでいたというイメージが強かったのですが、唐人屋敷があったり、前夜の中華街の様子を見たりして、中国との関わりも大きいものがあったことを知らずにいたことを恥ずかしく思うと共に、ちょっと興味があったので旧唐人屋敷通りを散策してみることにしました。

この唐人屋敷は、江戸時代に中国との貿易を長崎港で行い、長崎に中国人も住むようになりましたが、密貿易が増えたため、中国人の住むエリアをある場所に集めて作られたのが唐人屋敷とのことだそうです。
大火によって焼失し、また幕府の開国によってこの唐人屋敷は廃墟化してしまいましたが、明治時代にいくつか屋敷が復元されたのが、大切に今も保存されています。
土神堂と呼ばれる建物を外側からちょっと拝見しました。
レンガ造りの門に、門から中を覗くと石造りの橋に灯篭なとがあり、異国の地に来たような気分になりました。
c0172180_944368.jpg


c0172180_9445246.jpg


唐人屋敷を見て異国情緒を満喫した後、そろそろレンタカー屋さんに行かないと予約した時間に遅れると思い、市電が走っていると思われる大きな道のある方に向かいました。
すると、歴史を感じる薬屋さんの建物に大きな釣鐘が吊るされていました。
普段、お寺でしか見ることができない釣鐘があったのでびっくりしてしまいました。
c0172180_9482994.jpg


前夜にも見た中華街を示す立派な門や湊公園と描かれた中国風の門がありました。
c0172180_950271.jpg


c0172180_9504012.jpg


湊公園の門付近にビニールで包まれた飾り物などがたくさんあって、トラックや車が公園内に止めてあり、ヘルメットをかぶった作業員の方が慌しく作業されていました。
何かイベントがあるのかなと思って後で調べてみたら、旧暦の1月1日から約2週間の日程で、ランタンと呼ばれる中国提灯が飾られる長崎ランタンフェスティバルというイベントの準備中でした。
このイベントは、長崎市内いくつかの会場で行われていて、ちょうど通りかかった湊公園もその一つでした。
c0172180_9573286.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-05-19 09:58 | その他 | Trackback | Comments(10)

のんびり散策(その1)

夜遅くに長崎に着いて、長崎の夜景を見ながらこの日はすぐに休みました。

翌朝、夜景とは違った長崎の街が窓いっぱいに広がり、日本三大夜景の一つである長崎の夜景を見ることができる稲佐山も遠くに見えていました。
c0172180_18171718.jpg


ホテルを出て、レンタカーを借りるためにレンタカー屋さんまで移動します。
いつもなら近くにレンタカー屋さんがある場所で宿泊することが多いのですが、今回はちょっと離れているため市電に乗って向かいます。

市電の電停と呼ばれる場所まではちょっと離れているので、電停までのんびり散策しました。

前日の夜に見た思案橋の看板を見つけました。夜には気付きませんでしたが、思案橋という文字の上に人力車や中国の方と思われる服装をした人などが描かれていました。
c0172180_1822792.jpg


夜には賑わうこの思案橋界隈ですが、朝はひっそりとしていて狭い道にたくさんの飲食店が建ち並んでいました。そして提灯がたくさん吊り下げられていました。
c0172180_18251065.jpg


散策していて、歴史を感じる素敵な建物を発見しました。
c0172180_18321058.jpg

長崎のお菓子といったらカステラですが、福砂屋さんというカステラ屋さんでした。
実は、両親が九州へ旅行した際に長崎に立ち寄った時、地元の方に福砂屋さんのカステラが美味しいという聞き、買ってきてくれたことがありました。本場のカステラはとっても美味しくて、両親もここのカステラが気に入り、自分がよく九州に行き、福岡空港を利用する際は、福岡空港でもここのカステラが売っているので、よく買って送っていました。
まさか散策してこちらのお店を発見することとは思わず感動してしまいました。
こちらのお店はネットで調べてみると1624年創業で350年以上の歴史のあるカステラ屋さんでした。
せっかくお店を発見したので、帰りにここでカステラを購入しました。

狭い道を歩きながら朝の通勤時間帯ということもあり、車がたくさん行き交う中、交番を発見しました。
こちらも歴史を感じる建物でした。
c0172180_18343744.jpg


交番の近くに、小さな公園がありました。
周りにたくさん建物が建ち並んでいる中に、ホッとできる公園があり、ベンチに座ってのんびり時間を過ごされている人がも見られました。
c0172180_18362031.jpg


電停までもう少しの場所まで来ていると思いながら、イメージとは違う道を歩いていることに気付き始めてきました。どこかで道を間違ったようです。でも、急ぐこともないのでそのままのんびり提灯が飾られている風景を見ながら歩きました。
c0172180_18401849.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-05-18 18:40 | その他 | Trackback | Comments(10)