空の旅と身近な風景


飛行機での旅が大好き!
by 彩雲
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
4時ラーは辛かったことで..
by rosa55555 at 22:49
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 15:48
iris0304さん、こ..
by sai-unn at 16:08
こんばんは 改めて..
by iris304 at 00:04
異邦人さん、おはようござ..
by sai-unn at 09:42
rosa55555さん、..
by sai-unn at 09:36
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 21:39
彩雲さんは当時高速バス内..
by rosa55555 at 19:52
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 10:47
iris304さん、こん..
by sai-unn at 10:43
イチオシブログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
豪雪に磨かれた岩壁と高山..
from dezire_photo &..
羽田空港
from ★お気楽にょろちゃん★
6月の徳川園、菖蒲池のカ..
from 旅とお散歩、あちらこちら
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧


雄大な十勝平野を眺めながら(その2)

雄大な十勝平野の風景をUPして、みなさんからとても素敵なコメントをいただきとても嬉しく思います。
少しでもこの清々しい十勝の澄んだ空気と、遠くどこまでも見渡すことができる広大な風景を楽しんでいただけたらとても嬉しいです。

これからも少々風景の写真が続きます。

幸福駅から次の目的地までは広大な平野部の真っ直ぐな道を進みました。
車窓からは遠くに山々と畑や牧草地などを見ることができ、車を止めながらたくさん写真に収めました。

とても気持ちよくドライブしながら、目的地である牛さんのいる牧場に向かいました。

牛さんのいる風景を見るまで何度となく車を止めて、深呼吸して美味しい空気をたくさん吸って、日頃のストレスを発散しました。
牛さんを見るまでにはこのような風景を見ることができました。
c0172180_17481317.jpg


c0172180_17482563.jpg


c0172180_17483581.jpg


しばらく走り、やっと牛さんがたくさんいる光景を見ることができました。
たくさんの牛さんが思い思いに時間を過ごしているように見え、素晴らしい風景をバックに横になったり、草を食べたりしていました。とっても気持ち良さそうに見えました。
c0172180_1750413.jpg


牛さんを見て満足した後、すぐ近くの道路からの風景がまた北海道らしいなぁ~と思う真っ直ぐな道で丘陵地帯を通るためか遠くが坂道となっていました。
c0172180_17532933.jpg


車がほとんど通らない道路の周りの風景は、高原にいるような素敵な風景と牧草などを貯蔵するサイロがあったりして絵になる風景ばかりでした。
c0172180_1755457.jpg


c0172180_17555733.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-02-28 17:56 | その他 | Trackback | Comments(8)

雄大な十勝平野を眺めながら(その1)

テレビで見たことしかなかった愛国駅や幸福駅を見ることができてとても嬉しく思いました。
この駅たちがある広尾線が無くなってしまい、もう汽笛を聞くことはできなくなり寂しい感じがしますが、またいつかこの土地に線路が引かれて、雄大な十勝の風景を見ながら列車の旅が出来たら最高だろうなと思いながら幸福駅を後にしました。

次の目的地に行く途中までは車で少々走るのですが、その途中で見られた十勝平野の雄大な風景と山々の写真をUPしたいと思います。

澄んだ美味しい空気と牧草地と思われる緑鮮やかな場所や収穫を終えた畑、そして遠くに見える山々、道路脇の並木など、つい車を止めて撮った風景がたくさんありました。

みなさんの所にも十勝平野の雄大な風景の素晴らしさと美味しい空気が届くといいなと思います。
c0172180_1015024.jpg


c0172180_102149.jpg


c0172180_1021160.jpg


c0172180_1023058.jpg


c0172180_1024152.jpg


c0172180_1025290.jpg


c0172180_103491.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-02-27 10:03 | その他 | Trackback | Comments(16)

幸福駅で

たくさんの人で賑わう幸福駅で、保存されている気動車を遠くから見たり、駅周辺を散策してみました。

木で造られたホームには鮮やかなオレンジ色の気動車が展示されていました。
c0172180_1813089.jpg


木のホームはなかなか見かけないので温かく感じました。
幸福駅の駅舎の中は人気があるのか、たくさんの人が見学していました。
少し人も少なくなったところで、駅舎の中に入ってみました。
すると、写真のような名刺で作られた壁があると思うほどの名刺が貼られていました。
どれだけの枚数があるのか数えたくなりました。(笑)
あいにく名刺を持ち合わせていなかったので、次回訪れた時には名刺を貼ってみたいなぁ~と思いました。(笑)
c0172180_1843257.jpg


c0172180_1844491.jpg


c0172180_1845888.jpg


こちらの幸福駅でも駅名を表示している看板を撮りました。
c0172180_1863848.jpg


幸福駅周辺の風景は林があり、遠くの山々が見え、まるで絵画を見ているような風景が広がっていました。
c0172180_1874122.jpg


このような線路と気動車の風景を見ると、今にも動き出しそうな感じがして汽笛が鳴り、広大な十勝平野を元気良く走り出す姿を想像してしまいました。
c0172180_1894459.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-02-26 18:10 | その他 | Trackback | Comments(10)

愛国から幸福へ

愛国駅で駅舎の中を拝見して当時の雰囲気を感じながら、全国からたくさんの人が訪れた証の名刺ががたくさんあることに驚きながら、とても人気があった駅なのだなと感じました。

駅舎から今度はホームへと向かいました。
すると蒸気機関車が展示されていました。北海道を訪れると蒸気機関車が展示されている所が多くあるので、走っている姿をなかなか見ることのない蒸気機関車を間近で見ることができるのでとても嬉しくなります。
愛国という駅名が描かれた看板と蒸気機関車などを撮りました。
c0172180_1035769.jpg


c0172180_104983.jpg


一度は訪れてみたかった愛国駅で人気が今でもあることを知り、駅を後にしました。
せっかく愛国駅まで来たので、次は幸福駅へ向かうことにしました。

幸福駅へ向かう途中、遠くの山々の山頂付近が白くなっている様子を見つけ、車を止めて写真を撮りました。
緑の風景と木々の風景、そして遠くには頂が白い山々が見えてとても素敵な風景でした。
c0172180_1073197.jpg


しばらく車を走らせると幸福駅に到着しました。
愛国駅ではほとんど人はいなかったのですが、幸福駅ではたくさんの人が訪れていました。
早速、車を止めて駅舎に向かうと愛国駅よりも小さい木造の小さな駅舎でした。
こちらでも名刺が貼られていましたが、外にまで貼られていてびっくりしました。
c0172180_10104918.jpg


駅舎の近くには"こうふく"と書かれた鐘があり、きっとこの鐘を鳴らすと幸せになるのだろうなぁ~と思いながら見ました。
c0172180_1012430.jpg


幸福と素敵な名前とからたくさんのカップルが訪れるということで"恋人の聖地"という素敵な看板もありました。
c0172180_10142516.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-02-24 10:15 | その他 | Trackback | Comments(12)

愛国駅

帯広農業高校の敷地内にあるカラマツの色づいた防風林を見て、秋の北海道もいいものだなぁ~と感動しながら風景を楽しみました。

素敵な風景を楽しんだ後は、今では廃線となった旧国鉄の広尾線の駅を訪ねることにしました。

昭和48年にテレビ番組で紹介されて、大ブームとなった駅です。
その名は愛国駅です。
同じ広尾線で距離的にもあまり離れていない幸福駅とともに縁起の良い駅名として全国的に知られ、"愛の国から幸福へ"というキャッチフレーズが全国的な人気となりました。
きっと、愛国と幸福という駅があったということを知っている方は多いのではないでしょうか。

小さい頃にテレビでこの駅のことを知っていたので、今回、帯広を訪れたのでぜひ行ってみたいと思っていました。
帯広農業高校からしばらく車を走らせると愛国駅がありました。
駅の近くには、幸福ゆきの切符が模られた石碑がありました。
c0172180_18315928.jpg


駅舎は小さくてとても可愛い感じがしました。
c0172180_18323861.jpg


駅舎の中に入ることができるので、早速入ってみました。
すると、全国からこの駅を訪れた方の名刺などが壁一面に貼られていて驚きました。
c0172180_1834585.jpg


壁一面の名刺の他に、実際に使用されていた当時の鉄道用品なども展示されていて、今では見られない道具などありました。
c0172180_18361262.jpg


鉄道用品の展示の他、当時の時刻表や運賃表、愛国駅のあゆみなどが掲示されていて、1日の列車の本数を見て上下6本づつの運転だったことを知ったり、当時の運賃の値段に驚きながら駅舎の中の展示物を見ました。
c0172180_18395587.jpg


c0172180_1840756.jpg


c0172180_18401992.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-02-23 18:40 | その他 | Trackback | Comments(10)

帯広農業高校のカラマツ防風林

緑ヶ丘公園でのんびりと時間を過ごし、次の場所に移動しました。
こちらも車で数分の所にある高校の敷地内にお邪魔しました。

その高校は、帯広農業高校で学校の敷地内には長さが420mのカラマツの防風林があり、写真を撮る方が多いスポットということで訪れてみました。

この日は休日ということで学校はお休みで、敷地内はひっそりとしていました。

敷地内に入ると砂利道の周りには白樺や色づいたカラマツ林が遠くまで見えていました。
この光景は映画のワンシーンに出てきそうなとても素敵な感じがしました。

青空とカラマツ林の光景がとても素晴らしく、農業高校ということで農場の脇には防風林がきれいに整列していて、見ていてもとても癒される風景でした。

今回は秋に行ったので、紅葉したカラマツを見ることができましたが、今度は銀世界の中で真っ白な雪が積もったカラマツ林の風景を見てみたいと思いました。

写真は、帯広農業高校のカラマツ防風林の様子です。
c0172180_9162358.jpg


c0172180_9163553.jpg


c0172180_9164650.jpg


c0172180_9165782.jpg


c0172180_917626.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-02-22 09:17 | その他 | Trackback | Comments(12)

緑ヶ丘公園でのんびり

広大な緑ヶ丘公園で、パークゴルフ場の芝生や東屋などを寒いながらも散策して、とても清々しい気持ちになりました。
公園内には、カラマツと白樺並木もあって、並木道をのんびりお散歩したくなり、白い息を吐きながら並木道を歩いてみました。
c0172180_18647.jpg


c0172180_1861814.jpg


静寂な並木道を歩いていると、とても心が落ち着き日頃のストレスも飛んでいくような感じのするとても素敵な並木道でした。

並木道を歩いていると、カラマツ林の脇にグリーンパークと呼ばれる広大な芝生が見えました。
芝生の方に行ってみると、緑鮮やかな芝生と黄色く色づいたカラマツ並木、さらに澄んだ青空のコントラストがとっても素晴らしかったです。
c0172180_18122721.jpg


c0172180_18123741.jpg


このカラマツ林と芝生の間には、ベンチがあり、何と長さが400mもあるとのことでした。
とっても長いベンチなので全体を撮ることはできなかったのですが、ベンチの一部から見た芝生の風景を撮りました。
c0172180_18141249.jpg


長さ400mとはすごいなぁ~と思いましたが、以前、石川県の能登半島に行った時に、ギネスブックにも載っている世界一のベンチを見たことがありました。
写真は石川県志賀町にある長さ460mもある世界一長いベンチです。
長すぎて全景を撮ることはできませんでした。
c0172180_18163875.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-02-21 18:17 | その他 | Trackback | Comments(12)

晴天の朝を迎えた帯広

バスで帯広に到着して、11月とは思えない寒さを感じながらホテルに入り、窓から見える帯広の夜景を楽しみながらこの日は早めに休みました。

翌朝、早めに起きてカーテンを開けると窓の外から眩しい朝日が射し込み、山沿いに少し雲が見えるものの澄み切った青空が広がっていました。
c0172180_10134451.jpg


朝からこんなに気持ちの良い空を見ると、今日の散策がとっても楽しみになります。

朝食を食べ終え、ホテルを出ると目の前に帯広駅前の広場があるのですが、眩しい陽射しのお日様が見えました。
c0172180_10154026.jpg


陽射しは強く眩しいのですが、やはり放射冷却現象で気温が下がったためか、ホテルを出ると冷たい空気を感じました。
寒さを感じながら歩いて駅近くのレンタカー会社に向かいます。
歩いていると駅前の広場に動物が2頭いるのが見えてびっくりしました。近づいてみると、シカさんのオブジェでした。
これからますます寒い時期になるためか、2頭ともそれぞれ黄色と真っ赤なマフラーをしていました。
きっとご夫婦なのかな~と思いながら可愛い光景を見て、レンタカー会社へと向かいました。
c0172180_10203858.jpg


レンタカー会社で車を借りて、いよいよ散策スタートです。
この旅では木々の風景がたくさん出てきますので予めお知らせいたします。

車を借りて、走って数分の所にある緑ヶ丘公園に到着しました。
この緑ヶ丘公園はとても広大な公園で、公園内には大きな池やパークゴルフ場、道立美術館などがあり、さらに動物園もあり、帯広市民の憩いの場となっています。
早速、駐車場に車を止めて公園内を散策します。
白樺の並木があり、まだ緑が鮮やかな芝生が広がる広場や休憩できる東屋などがありました。
冷たく澄んだ美味しい空気の中で、ウォーキングをしている人やワンちゃんをお散歩させている方などがいました。
天気が良く、気持ちの良い空の下での公園内の散策はとっても気持ちが良く、朝まだ働いていない頭もスッキリするような感じがしました。
写真は緑ヶ丘公園の様子です。
c0172180_1029383.jpg


c0172180_10295017.jpg


c0172180_103019.jpg


c0172180_10301134.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-02-20 10:30 | その他 | Trackback | Comments(10)

空港から帯広へ

冷たい北風が吹く中、しばらく待っているとバスがやってきました。

新千歳空港からバスに乗って、十勝地方の中心都市である帯広市へと向かいます。
このバスはとかちミルキーライナーという名称があり、予約制で座席も指定されていましたが、お客さんは3人ほどしかいなくて、運転手さんは"人数が少ないので好きな席に座って下さい"と言って下さいました。
なので、今回は一番前の席に座り、夜であまり風景を楽しむことはできませんが前方と横から見える景色を少しでも楽しむことができたらいいなと思いました。

乗車してしばらくは空港で発車までの時間を過ごしました。
c0172180_10391791.jpg


発車時間が来て、バスはゆっくり走り出し一路帯広へと向かいます。
帯広までは高速道路(道東道)や一般道を利用しての約3時間半のバスの旅です。
座席は3列になっていて、長い時間の乗車のため映画を見ることができ、付属のヘッドホンでラジオ放送などを楽しむこともできます。
バスは空港を出発し、しばらく走ると道東道千歳東ICより高速道路へと入りました。
順調に夜の高速道路を走行し、約30分ほどで終点の夕張ICで高速道路を下り、国道274号線を走行してどんどん山間の道へと進んでいきます。
この日はプロ野球の日本シリーズ(一昨年のお話です)があり、巨人と西武が戦っていました。
僕は小さい頃から巨人ファンなので、バスの中で日本シリーズのラジオを聴きながら応援していました。
次第にバスは周りが山々の道を走り始め、カーブも続くようになってきました。
この日の天気予報では、寒気が北海道地方に入るため高い山では雪の降る所もあるという予報でした。
新千歳空港では曇り空でしたが、次第に雨が降り出してバスのワイパーも動いていました。
暗くなった窓の外の風景からは何も見えませんでしたが、前方の窓からは道路が少し白くなっているのが見えました。
道路にはうっすらと雪が積もっているようで、走っていくうちに道路全体が白くなっていることがわかりました。
11月上旬で雪を見るとは思いませんでしたが、やはり北海道の気候の厳しさを改めて感じました。
写真は、バスの社内から見た道路の様子です。
見づらいのですが、次第に雪が積もり白くなっているのが判るかと思います。
c0172180_10581415.jpg


c0172180_10582546.jpg


バスは真っ白となった道をそれほど長い時間は走ることなく次第に道路は濡れた状態となり、再び道東道のトマムICから高速道路に入りました。
高速道路を約40分ほど走り、帯広JCTで帯広広尾道へと入り、芽室帯広ICで高速道路を下りました。
ここから国道38号線で帯広市内へと向かいます。途中の停留所で1人の方が降りて、終点である帯広駅までは乗客は2人でした。
長い時間運転された運転手さんにお礼を言って、ここまで連れてきてくれたバスにも"お疲れさん"と声を掛けました。
c0172180_1111943.jpg


帯広に降り立って、新千歳空港で感じた寒さよりも数段寒く感じながら帯広駅近くのホテルに向かいました。
その途中、街路樹には青や緑のイルミネーションが施されていてきれいでした。
c0172180_1113793.jpg


ホテルでチェックインして部屋に入ると、窓から夜の帯広の街灯りが見えていました。
c0172180_11142097.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-02-19 11:15 | その他 | Trackback | Comments(12)

仙台空港から新千歳空港へ

青空が見える仙台空港から、ANA725便で一路新千歳空港へと向かいます。

仙台空港を離陸し、しばらくするとシートベルトサインが消灯しました。
窓から見える風景は、雲にかなり覆われていましたが、米どころ宮城県の田園風景や川の様子が見えました。
c0172180_1825268.jpg


ドリンクサービスでいつものようにホットコーヒーをいただきながら、機内誌を見たり窓の外の様子を楽しみました。
宮城県の田園風景など地上の風景を楽しむことかできたのはわずかで、北へ向かうにしたがって雲に覆われて、地上の風景を楽しむことができませんでした。
さらに上空にも雲が広がったりしていました。ただ、飛行機の下にびっしりと雲が広がり、まるで雪原の上を歩いているような気分になりました。
c0172180_18281078.jpg


c0172180_18282534.jpg


楽しみにしている地上の風景や空の風景をあまり楽しむことができませんでしたが、仙台空港を離陸して約1時間ちょっとで夕暮れの新千歳空港に着陸しました。
空港からはバスで今回の旅の目的地へと向かうのですが、ちょっと時間が空くので、空港内で夕食を食べることにしました。
いつもは海鮮ものをすぐに食べたくなるのですが、今回は北海道らしくジンギスカンをいただくことにしました。
北海道でも有名なジンギスカンのお店が空港内にもあるということを知っていたので、早速お店に入りました。
店内はまだ時間帯がやや早いということでお客さんは少なかったのですが、あちこちのテーブルからジンギスカンの独特な香ばしい香りが漂ってきました。
今回は、ジンギスカンのセットと北海道限定のビールをいただきました。
店員さんがジンギスカン鍋にお野菜や肉を敷いてくれて、いろいろと焼き方を教えてくれました。
柔らかいラムのお肉と、たっぷりのもやしをはじめ玉ねぎやかぼちゃなどの野菜が入り、付けダレもとっても美味しく、ビールや白いご飯がとっても進むお味で美味しかったです。
c0172180_18361671.jpg


c0172180_18362838.jpg


本場の美味しいジンギスカンを食べてお腹いっぱいになり、これからバス乗り場へと向かいます。
空港内は夕方のラッシュ時間帯となり、たくさんの人で賑わっていました。
c0172180_18372640.jpg


ターミナルの建物の外にあるバス乗り場に行くと、秋というよりも冬のような冷たい風が吹きつけ"早くバスが来ないかなあ~"と思いながらバス停でバスを待っていました。
c0172180_18385729.jpg

[PR]

by sai-unn | 2010-02-18 18:40 | その他 | Trackback | Comments(12)