空の旅と身近な風景


飛行機での旅が大好き!
by 彩雲
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:00
rosa55555さん、..
by sai-unn at 10:57
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:23
3日間の出張、お疲れ様で..
by rosa55555 at 22:38
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:33
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:30
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 10:26
お写真の中にある建設中だ..
by rosa55555 at 22:21
rosa55555さん、..
by sai-unn at 11:14
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 11:11
イチオシブログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
豪雪に磨かれた岩壁と高山..
from dezire_photo &..
羽田空港
from ★お気楽にょろちゃん★
6月の徳川園、菖蒲池のカ..
from 旅とお散歩、あちらこちら
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧


計呂地交通公園へ

サロマ湖を左手に見ながら国道238号線を進むと、大きな建物と観覧車が目に入りました。
ここは、湧別町にある道の駅"愛ランド湧別"です。
サロマ湖を眺めることが出来る場所にあり、隣接している遊園地で遊ぶことが出来ます。
c0172180_940773.jpg


c0172180_9401727.jpg


ここの道の駅で少々休憩して、再び走り出しました。
少し遠めだったサロマ湖も道路から程近い所で見ることができました。
c0172180_9414340.jpg


しばらく国道を走っていると、計呂地交通公園という大きな看板が見えました。
交通公園とはどんなものなのだろうと思いながら立ち寄ってみました。

こちらの公園は、この旅でご紹介した廃線となった旧国鉄の湧網線計呂地(けろち)駅を利用した公園でした。
蒸気機関車や客車、駅舎も当時のまま残されていました。
ここの公園では客車に安価で泊まることができるようになっています。

中湧別駅にあった機関車や車掌車とはまた違う、蒸気機関車や客車が保存されていて、駅舎もそのまま残っていました。
また、構内には腕木式信号機や白樺並木があったりして、懐かしさとのんびりとした光景が広がっていました。
c0172180_952162.jpg


c0172180_9522729.jpg


c0172180_9523817.jpg


c0172180_9524772.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-10-31 09:53 | その他 | Trackback | Comments(8)

道の駅からサロマ湖へ

名寄本線や勇網線の中湧別駅があった道の駅"かみゆうべつチューリップの湯"で、当時の鉄道車両や跨線橋や駅の看板などを見て、再びこの地に鉄道が走ることを祈って、次の場所へと向かいました。

これからサロマ湖方面へと向かいます。
c0172180_19402047.jpg


道の駅を出発して数分で、再び鉄道車両と出会いました。

こちらは、五鹿山(ごかざん)公園で、中湧別駅から網走に向かう勇網線の中湧別駅の次の駅で、五鹿山仮乗降場が近くにありました。
こちらの公園は、オートキャンプ場などがあり、桜やつつじの名所として知られています。

キャンプの時期としては遅いためか、キャンプ場はだれもおらず、除雪用の機関車と当時走っていたと思われる客車が展示されていました。
c0172180_19444345.jpg


c0172180_19445687.jpg


五鹿山公園から林の間を抜ける真っ直ぐな道を通ってサロマ湖方面へと向かいます。
c0172180_19464256.jpg


サロマ湖まで行く間に、北海道らしい牧場の風景を見ました。
牛さんが美味しそうに草を食べていました。
c0172180_194754100.jpg


しばらく走ると大きな湖が見えてきました。日本で琵琶湖、霞ヶ浦に告ぐ3番目に大きなサロマ湖です。
早速、湖の見える駐車場に車を止めました。
日本でも3本の指に入る大きな湖の風景に感動しました。
駐車場から湖の周りを散歩でできるように木道も整備されていました。
c0172180_19513759.jpg


c0172180_19514955.jpg


駐車場でしばらく湖の風景を楽しんだ後、再び走り出し、湖を左手に見ながらのドライブとなりました。
c0172180_19524192.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-10-30 19:53 | その他 | Trackback | Comments(6)

懐かしい鉄道風景を見ることができました。

道の駅"かみゆうべつチューリップの湯"で、美味しい昼食をいただいた後は、同じ敷地にある鉄道資料館に行ってみました。

この道の駅の敷地は、以前は中湧別駅でした。名寄と遠軽を結ぶ名寄本線と網走とを結ぶ勇網線の2つの路線の駅として交通の要所でした。

昭和62年に勇網線が廃止され、平成元年には名寄本線が廃止されてしまいました。

駅舎は取り壊されてしまいましたが、当時使用されていた跨線橋やホームなどは鉄道資料館としてそのまま保存されています。

鉄道が無くなって20年ほど経ちましたが、その当時、車掌さんが乗っていた貨物列車に連結されていた車掌車や機関車などがそのまま保存されていて、さらに歴史を感じる駅名が書かれた看板などがありました。
時代の流れでどんどん鉄道が廃止されてしまいましたが、昔から親しまれてきた路線を守るために住民の方は必死になって鉄道廃止に反対されたのではないかと思います。

今にも動きそうな車両を見て、いつかまたこの大地に汽笛が聞こえてきたらいいな~と思いました。

写真は、展示されている鉄道車両などです。
c0172180_20184158.jpg


c0172180_20185610.jpg


c0172180_2020670.jpg


c0172180_20201768.jpg


c0172180_20202790.jpg


道の駅の入り口付近に、可愛い小便小僧さんがいたので写真を撮ってみました。(笑)
c0172180_20211474.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-10-29 20:23 | その他 | Trackback | Comments(12)

道の駅"かみゆうべつ温泉チューリップの湯"で昼食

太陽の丘えんがる公園で、色とりどりのコスモスの風景を充分楽しむことが出来ました。

札幌から3時間以上かけて訪れた甲斐がありました。

広大なコスモス畑に別れを告げて、次の場所へと向かいました。
人家の少ない場所の道を走りながら、次の目的地である遠軽町のお隣の上湧別町へと向かいます。
c0172180_18334389.jpg

上湧別町は、今月5日にお隣の湧別町と合併し、湧別町となりました。

訪れた時はまだ上湧別町でした。
遠軽町から上湧別町に入り、お店や住宅が建ち並ぶ地域に入り、道路も広く真っ直ぐな道を走りました。
c0172180_18364572.jpg


しばらく走り、道の駅かみゆうべつチューリップの湯に立ち寄り、お昼ご飯を食べることにしました。
ここ上湧別町には、チューリップ公園があり、7ヘクタールの畑に120種類120万本のチューリップが植えられており、5~6月にかけて約10万人の人が訪れるということです。

チューリップで有名な街ということで、温泉にもチューリップが名付けられているようです。

早速の道の駅の建物に入ってみることにしました。
すると玄関先には、チューリップをかたどったキャラクターの石像が出迎えてくれました。
見ていてとっても可愛いなと思いました。
c0172180_18433199.jpg


c0172180_18434116.jpg


こちらでの昼食は、近くのオホーツクの海の幸がたくさん使用したオホーツクフライ定食をいただきました。
カキやイカ、エビなど新鮮なオホーツク海で獲れた魚介類が盛りだくさんで、とっても美味しかったです。
c0172180_18461572.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-10-28 18:47 | その他 | Trackback | Comments(14)

コスモス畑を散策(その2)

広大なコスモス畑を見て、スケールの大きさやいろんな種類のコスモスがあり、日本最大級だけあると実感しながら園内を散策しました。

曇りがちの天気も少しずつ青空が見えて、コスモスの色彩もハッキリしてきました。

コスモス畑の後方には森林があり、森林とコスモス畑のコラボもいい感じでした。
いろいろとコスモスを見ていると、ポピュラーな白やピンク色の他にもオレンジ色やワイン色したコスモスがあったり、白とピンクが混じっていたり、花びらが八重のようになっていたりといろんな種類のコスモスが植えられていて、見ていても飽きずにに散策をすることができました。

秋の一日をコスモス畑を散策しながら至福の時を過ごすことができました。
c0172180_18381456.jpg


c0172180_1838356.jpg


c0172180_18384518.jpg


c0172180_18385686.jpg


c0172180_1839655.jpg


c0172180_18391695.jpg


c0172180_1839268.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-10-27 18:39 | その他 | Trackback | Comments(6)

コスモス畑を散策(その1)

太陽の丘えんがる公園で、日本最大級と呼ばれるコスモス畑をのんびり散策しました。

どこまでもコスモス畑が続いてるかのような広大な敷地に、数え切れないほどの色とりどりのコスモスやその他のお花が咲いていて、これから寒い季節を迎えるとは思えないほどの明るさがコスモス畑から見て取ることができました。

散策しているうちに車を止めた駐車場や、公園の入り口にある建物などが遠くに見えるほどの距離を歩いていました。
それでもコスモスのジュータンがあちこち広がり、さすが日本最大級だけあるなと実感しました。

写真は、園内の様子です。
c0172180_18382994.jpg


c0172180_18383936.jpg


c0172180_18384923.jpg


c0172180_1839248.jpg


c0172180_18391212.jpg


c0172180_18392153.jpg


c0172180_18393045.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-10-26 18:40 | その他 | Trackback | Comments(14)

遠軽駅で下車しました。

札幌から3時間半ほどかけて、目的地である遠軽(えんがる)町にある遠軽駅に到着しました。
c0172180_9354036.jpg


ここまでミステリーツアーと称して、みなさんにどこで降りるのかを明らかにしませんでしたが、ここ遠軽駅で下車しました。
ミステリーツアーに参加して下さってありがとうございます。
ここからはいつものように進めて参りたいと思います。(笑)

遠軽町は、網走管内にあり北見市や紋別市などと接する人口が約2万2千人の町です。

この遠軽を基点にあちこちに出掛けようと思います。

遠軽駅からすぐそばのレンタカー店で車を借りて、今回の旅のスタートです。
この旅では、風景の他に足元の光景ということで、マンホールの蓋がいくつか出てきます。

駅から徒歩でレンタカー店に向かう途中で見かけたマンホールです。
北海道庁の旧庁舎がデザインされていて、美しいデザインでした。
c0172180_939476.jpg


早速レンタカーを借りて、町内散策スタートです。
まず最初に向かったのは、今回の旅の一番の目的である太陽の丘えんがる公園です。

こちらの公園には、10ヘクタールの広大な土地に約1000万本のコスモスが咲く、日本最大級のコスモス畑があります。
どうしても日本最大級のコスモス畑を見てみたくて遠軽までやってきました。
公園の駐車場から広大な土地に白やピンク色のたくさんのコスモスが目に飛び込んできました。
早速、園内に入ると記念写真用のパネルが設置してありました。
c0172180_944233.jpg


平日に訪れたということもあって公園を訪れている人も少なく、広大な公園内がさらに人寂しく思うほど人が少なく感じました。
それでも秋を代表する色とりどりのコスモスが園内に広がり、まさに日本最大級というだけあるなと感動しながら園内を散策しました。
コスモスではない種類のお花も植えてあり、薄い色彩の多いコスモスと上手くバランスを取っていました。
ここしばらくコスモス畑の様子をUPしたいと思います。
c0172180_9493665.jpg


c0172180_9494621.jpg


c0172180_9495872.jpg


c0172180_950923.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-10-25 09:52 | その他 | Trackback | Comments(16)

目的地までの車窓から(その3)

旭川駅を出発した列車は、田園風景が広がる中を網走方面へと向かっています。
黄金色に染まった田んぼを刈り取る作業があちこちで見られて、秋も深くなってきなと思いながら車窓から風景を眺めていました。

旭川を出発して約40分ほどで上川駅に到着しました。
木で作られた温かみが感じられる看板や、駅のホームから見える大雪山系の山々が絵で描かれた看板などがありました。きっとこの駅で降りて層雲峡や大雪山系の山々などに向かう方も多いのだろうなと思いました。
c0172180_958169.jpg


c0172180_9582924.jpg


上川駅を出発し、しばらくして空を見ると黒っぽく面白い形をした雲を見ることができました。
この雲は、高積雲でアーモンドのような形に見えるかと思います。このような雲が見える時は上空の風が強い時に見られ、形を変えながら動いています。
きっと、みなさんもご覧になったことがあるかと思います。
c0172180_1005638.jpg


車窓から見える風景は次第に森林の中を突き進む感じで、山々も間近に見えてきました。
そのような風景を見ながら上川駅を出発して約40分で、今度は白滝駅に到着しました。
駅名を表示している看板の他に、よく見かける名所案内の看板もありました。
こちらの駅周辺には温泉やスキー場などがあることがわかりました。
駅舎の屋根には風見鶏も付いていてかわいい感じがしました。
c0172180_1045447.jpg


c0172180_105458.jpg


白滝駅を出発し、ビル群や住宅地、田園地帯、山々の風景を見ながらの列車の旅も札幌駅を出発して3時間以上経ちました。
c0172180_1065277.jpg


久しぶりにこんなに長い時間列車に揺られての旅でしたが、そろそろ下車する駅が近づいてきました。
札幌を出発して3時間半ちょっとで目的地の駅に到着しました。
c0172180_108415.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-10-24 10:09 | その他 | Trackback | Comments(12)

目的地までの車窓から(その2)

札幌を出発した列車は、岩見沢をはじめ砂川、滝川と川の付く名の街に停車し、さらに深川に停車しました。
深川市はネットで調べてみると、蕎麦の生産量が日本第2位とのことです。
北海道であまりお蕎麦を食べることが少ないのですが、今度深川に行ったらお蕎麦を食べたいと思いました。

その深川駅を出発した列車は田園風景の中を走り、車内販売で買ったホットコーヒーを飲みながら車窓から見える北海道の風景を楽しみました。深川駅から20分ちょっとで札幌に次ぐ第2の街である旭川に到着しました。
c0172180_18421725.jpg


c0172180_18422869.jpg


旭川で下車する予想を立てていた方もいるかと思いますが、残念ながらまだ乗車します。(笑)

札幌から函館本線で旭川まで来ましたが、旭川からは石北本線に乗り入れて網走方面へと向かいます。
旭川駅でかなりの数のお客さんが下車し、列車は網走へと向けて走り出しました。
旭川のビル群や住宅地の風景を見ながらしばらくすると黄金色に染まった田園風景へと変わってきました。
田園風景の奥には、大雪山系の山々と思われる山が見えて、頂上付近は雪を被っていました。
c0172180_1847520.jpg


c0172180_1847161.jpg


c0172180_18472893.jpg


雪を被った山々の風景を見ながらだいぶ北まで来たんだな~という実感が湧き、稲の刈り取り作業をしている様子を眺めていました。
c0172180_18483840.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-10-23 18:49 | その他 | Trackback | Comments(10)

目的地までの車窓から(その1)

利尻島から帰ってきて、みなさんから温かいメッセージをたくさんいただきました。
ありがとうございます。利尻島などへ行った旅行記はだいぶ先になってしまいますが、ご覧いただけたらとても嬉しいです。

では、途中になっておりました北の大地のミステリーツアーを再開したいと思います。

朝まだ早い札幌駅から網走行き特急オホーツク1号に乗車しました。
さてこれからどこに向かうかはお楽しみです。

札幌駅を7時21分に出発した列車は、北へ向けて走り出しました。
札幌市内のビルやマンションが建ち並ぶ高層建築物の間を縫うように列車は走り、次第に大きビルなどから住宅地や田園風景が広がる風景へと変わってきました。
これからの写真は車内から撮ったものですので見づらいです。ごめんなさい。
c0172180_18391893.jpg


c0172180_1839283.jpg


田園風景や遠くの山々の風景を見ながら30分ほどすると、最初の停車駅である岩見沢駅へと停車しました。
すると、ホームには大きな銅像のお馬さんがソリを引く姿が見えました。
この馬の像を調べてみると、ばんばの像と呼ばれていて、ここ岩見沢では競走馬にそりを付けて競うばんえい競馬が行われていたとのことです。
ホームに大きなお馬さんが見えたのでびっくりしました。(笑)
c0172180_18453856.jpg


岩見沢駅を出発し、車窓からは広大な畑や牧草地帯、収穫間近の田んぼの風景など、見ていて飽きない風景が続きました。
c0172180_18471531.jpg


c0172180_18472794.jpg


c0172180_18473671.jpg


広大な北海道らしい風景を見ながら途中、美唄、砂川、滝川駅に停車し、札幌駅を出発して1時間15分ほどで旭川の手前である深川市の深川駅に到着しました。
c0172180_18505434.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-10-22 18:57 | その他 | Trackback | Comments(10)