空の旅と身近な風景


飛行機での旅が大好き!
by 彩雲
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
4時ラーは辛かったことで..
by rosa55555 at 22:49
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 15:48
iris0304さん、こ..
by sai-unn at 16:08
こんばんは 改めて..
by iris304 at 00:04
異邦人さん、おはようござ..
by sai-unn at 09:42
rosa55555さん、..
by sai-unn at 09:36
☆彡sai-unnさん☆..
by ☆彡異邦人 at 21:39
彩雲さんは当時高速バス内..
by rosa55555 at 19:52
異邦人さん、こんにちは。..
by sai-unn at 10:47
iris304さん、こん..
by sai-unn at 10:43
イチオシブログ
最新のトラックバック
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
豪雪に磨かれた岩壁と高山..
from dezire_photo &..
羽田空港
from ★お気楽にょろちゃん★
6月の徳川園、菖蒲池のカ..
from 旅とお散歩、あちらこちら
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


黒部から滑川へ

生地で海底地下道や可動橋の生地中橋を見て、とても珍しいものを見ることができたと喜んで散策していると、目の前に富山湾が見えてきました。
穏やかな海と遠くまで湾沿いの街並みが見えていました。ベンチもあって座って海の風景をのんびり楽しめるようになっていました。
写真は、生地から見た富山湾とベンチです。
c0172180_11203069.jpg


c0172180_11204169.jpg


しばらく時間を過ごした黒部市生地から今度は富山市方面へと車を走らせて、魚津市を通過して滑川市へと入りました。
滑川市では、道の駅"ウェーブパークなめりかわ"に立ち寄りました。
ここの道の駅には、富山湾で獲れるホタルイカの博物館の"ほたるいかミュージアム"や深層水の体験施設などがありました。
これらの施設が隣接しているということもあって、道の駅の駐車場は混み合っていました。
たくさんの観光バスも止まっていて賑わっていました。
混み合っていたので、ほたるいかミュージアムや深層水体験施設などには入らず、施設の裏手にある富山湾や富山湾の海洋深層水を利用した足湯がありましたので、その足湯などを撮りました。
次回訪れた時はほたるいかミュージアムや足湯に浸かりたいと思いました。

写真は、ほたるいかミュージアムの建物の様子や海洋深層水を利用した富山湾を臨む足湯、そしてホタルイカの街だけあってかわいいホタルイカが描かれた看板がありました。
c0172180_11302153.jpg


c0172180_11303195.jpg


c0172180_11305511.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-04-26 11:29 | その他 | Trackback | Comments(6)

海底遊歩道と生地中橋

山形の桜の写真にみなさんからたくさんのコメントをいただきとても嬉しいです。
ありがとうございます。北国の桜をご覧いただいてとても嬉しく思います。

それでは再び富山日記を再開いたします。

黒部市の海辺に面した生地地区を散策して、潮の香りや黒部の山々から流れてきた美味しい水が湧き出る水辺を見たりして静かな時間を過ごしましたが、この生地地区には他の地域ではあまり見られないものがありました。

小船や漁船が係留されている港を歩いていると、よく街で見かける地下道の入り口のような建物がありました。近づいてみると地下へと続く階段がありました。
海底遊歩道と名付けられ、この階段を先には地下道があって海底を通って反対側の場所に行くことができます。
交通量などが多い、幹線道路などの地下を通る道はいくつも見てきていますが、海底を通る地下道は初めて見ました。
1枚目の写真は、生地の港の様子と海底遊歩道の出入り口の様子です。
2枚目は海底遊歩道の様子です。写真の右手が地下道への出入り口で写真の左側には大きな窓が付いた反対側の出入り口が見えています。
c0172180_11224533.jpg


c0172180_1123634.jpg


珍しい海底遊歩道の出入り口を見た後、港から富山湾方面へと向かう細い道を歩いていると、船に対しての信号機があって、奥にはねずみ色をした橋がありました。
こちらのの橋は、生地中橋と呼ばれていて、黒部市観光協会さんのホームページを見ると、船が通過する際に長さ38.4メートル、幅7メートル、重さ307トンの橋体が持ち上がり、多い日には1日20回ほど開閉するとのことです。
よく見かける開閉する橋は、真ん中から上に持ち上がって開く橋が多いかと思いますが、こちらの橋は橋ごと
一方を左右の方向に動かして船を通過されるようになっているようでした。
橋が動くところを見てみたかったのですが、船の通過はなく残念ながら動くところを見ることはできませんでした。
写真は、港から橋の方へ歩いている時に見かけた船用の信号機です。
木の枝で見づらいですが写真の真ん中のちょっと上に赤く灯している信号機が見えるかと思います。
c0172180_11331082.jpg


こちらの写真は、生地中橋です。この大きな橋が動いて船を通過させます。
c0172180_11335292.jpg


c0172180_11345737.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-04-25 11:35 | その他 | Trackback | Comments(6)

霞城公園の桜

富山日記をご覧いただきましてありがとうございます。
またまた中断させていただきます。

みなさんリアルタイムで日記を更新されていてとてもフレッシュな話題や食べ物、そして風景などの写真をUPされていてとてもいいなぁ~と思いながら拝見しております。

こちらの日記といいますと、もう少しで1年前になるような季節はずれの写真ばかりでみなさんに申し訳なく思っております。そこで今日は仕事がお休みだったので、自転車で7~8分ほどの距離にある山形市の霞城公園に行ってきました。
昨年もこの公園の桜の様子をUPしましたが、その時は自転車で通勤していて公園内を通っていたので桜が満開の美しい時期の写真を撮ることができました。が、その後は車での通勤が多くなりいつの間にか自転車に乗る機会も少なくなってしまいました。

桜が盛りを過ぎた山形市ではありますが、桜が散ってしまう前に霞城公園の桜を見て、写真に収めたいと思い自転車に久しぶりに乗って行って来ました。

昨日は晴天でお花見客で賑わった霞城公園ですが、今日はひっそりとしていてワンちゃんを散歩させている人やジョギングしている人が目立つ程度で人もかなり少なかったです。

ソメイヨシノはだいぶ葉が目立ってきてピークは過ぎていましたが、枝垂桜は満開でピンク色の滝のような花がとっても美しかったです。
枝垂桜のある芝生にシートをひいてお花見されている方もいました。

公園のそばには奥羽本線が走っていて、満開の桜とお濠に散った桜の花びらがたくさん浮いていて、こちらの風景もきれいでした。

公園内を通って通勤していた頃には気付かなかった、明治時代に建てられ移転保存されている病院の建物(現在は山形市郷土館)のレトロな雰囲気と桜も見ることができとても有意義な時間を過ごすことができました。

こちらの写真は、数日前に撮った職場の桜です。ライトアップはされていないのですが、街灯が近くにあるので闇夜に桜が浮かんでいて幻想的な風景でした。
c0172180_1655483.jpg


今日撮った霞城公園の桜などの様子です。
c0172180_167410.jpg


c0172180_16799.jpg


c0172180_1672738.jpg


c0172180_1675979.jpg


c0172180_1681841.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-04-20 16:10 | 日常 | Trackback | Comments(14)

生地でのんびりと

黒部市の生地地区で灯台や生地台場を見た後、少し車を走らせ同じ生地地区にある魚の駅生地に向かいました。
道の駅は皆さんご存知かと思いますが、魚の駅というのは初めて知りました。
黒部と言うとどうしても山岳をイメージしてしまいますが、富山湾や日本海の美味しい海の幸も黒部ではたくさん獲れます。
魚の駅生地に行くと時間帯が遅かったのか、少しひっそりとしていましたが、きれいに整備された広い敷地にお魚などを売っている建物とレストランがある建物がありました。
ネットで調べてみると、ここの魚の駅では、漁師さんご自身が入港した順に獲ってきた魚をこの魚の駅で売っているとのことでした。新鮮な獲れたてのお魚が売っているのだなと思いました。
写真は、魚の駅生地の建物と、建物の後ろはすぐ漁港となっていました。
c0172180_10455155.jpg


c0172180_1046370.jpg


また、この生地地区には北アルプスからの水の恵が湧水としてあちこちあり、こちらでは清水(しょうず)と呼び、飲み水の他に野菜を洗ったり、お洗濯や野菜や果物などを冷やしたりして利用しています。
魚の駅生地の敷地にも清水がありました。水辺に周りには水車やベンチなどがあってのんびりできるようになっていました。
c0172180_10502293.jpg


c0172180_1053164.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-04-18 10:52 | その他 | Trackback | Comments(4)

富山日記再開します。

山形も桜が咲き、あっという間に満開となり春本番を迎えました。
みなさんからたくさんの温かいコメントをいただきとても嬉しいです。ありがとうございます。

また、身近にある山形の風景を撮ったらUPしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。

途中でした昨年の初夏に行った富山の旅の様子を再開したいと思います。

新潟県から富山県へと入り、朝日町ではヒスイ海岸と呼ばれる宮崎海岸でのんびりした時間を過ごし、お隣の入善町では緑鮮やかな田園風景を見ることができました。
入善町から今度は黒部市へと入りました。黒部市の生地(いくじ)と呼ばれる地区に向かい、ちょっと散策することにしました。
車をゆっくり走らせていると、住宅地の中でひときわ目立つ白と黒のしましま模様のノッポな建物が見えました。"生地鼻灯台"です。
灯台というと岬や防波堤などにあるイメージがあったので、まさか住宅地の中に建っているとは思いませんでした。
c0172180_16322074.jpg


生地鼻灯台を見た後、近くにある生地台場と呼ばれる富山県の史跡に指定されている場所に向かいました。

台場とは、ネットで調べてみると幕末時代に外国船からの攻撃を防ぐために幕府や各藩で築いた砲台で、全国各地にありました。東京にあるお台場はペリー来航に備えて幕府で築いた砲台です。

この生地台場は、加賀藩が築いた砲台です。
盛り土がしてあり、そこには大砲が設置されていました。
案内板には、現在の生地台場は、その当時の設計図を基に復元されたものと書かれていました。
写真は、それぞれの位置から撮った大砲です。
c0172180_16475659.jpg


c0172180_1647415.jpg


c0172180_1648591.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-04-15 16:51 | その他 | Trackback | Comments(8)

桜が満開となりました~

初夏のような暑さを感じた九州から帰ってきたら、北国山形でもが開花していました。
11日に咲いたばかりのでしたが、その後も気温が高く、昨日は最高気温が23℃を超えて満開となりました。
開花してからその後の気温にもよりますが、満開までだいたい5日ほどと言われています。
山形では開花して2日後に満開となりました。
東北もいよいよ本格的な春を迎えました。今日は秋田で桜の開花が発表され、もう少しすると津軽海峡を渡って北海道の桜も咲く季節になってきます。

今日は朝から曇り空で夕方からは雨も降り始めましたが、昨日は晴れてとっても爽やかな天気だったので職場にある満開の桜を撮りました。

c0172180_194839100.jpg


c0172180_19484812.jpg


c0172180_19473863.jpg


c0172180_1948080.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-04-14 19:53 | 日常 | Trackback | Comments(10)

九州旅行から帰ってきました。

みなさん、ただいまです。
昨日、九州から帰ってきました。おかげさまで楽しい旅をすることができました。
みなさんからのコメントとっても嬉しかったです。ありがとうございました。

今回は、宮崎~熊本~福岡と行きましたが初夏のような気温で暑かったです。
東北も20℃を超える気温にはなってきましたが、やはり九州の暑さは違いました。
昨日の朝、福岡空港の気温が20℃ほどあったのですが、昼前に仙台空港に降りたら14℃下回っていて肌寒く感じました。

山形では一昨日桜が開花しましたが、九州では葉桜の所が多く、八重桜がまだ咲いていたので見ることができました。

後日になりますが、今回の旅行記の写真をUPしたいと思いますのでご覧いただけたらとても嬉しいです。

今回撮った写真を何枚かUPしたいと思います。
仙台空港から伊丹空港へ向かう飛行機から撮った富士山とお月様です。
c0172180_111733.jpg


こちらは、宮崎県延岡市にある延岡植物園で撮った菜の花と濃いピンク色したお花とのコラボレーションです。
c0172180_1112476.jpg


この写真は、熊本市にある交通センター近くから見えた熊本城です。
c0172180_1133670.jpg


熊本市動植物園で見たアライグマさんです。とっても可愛かったです。
c0172180_116102.jpg


熊本市金峰山付近で見かけた八重桜です。
c0172180_116742.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-04-13 11:08 | その他 | Trackback | Comments(12)

明日から九州に行ってきます。

最近、仕事が忙しくてなかなかブログにお邪魔できない日が続いておりますが、ご覧いただいたみなさんには感謝いたしております。ありがとうございます。

富山や新潟を見て回った旅行記の途中ですが、明日から3泊4日の予定で九州に行ってきます。
こちら山形も桜はまだ開花していないものの、最高気温が20℃近くまで上がるようになってきました。
みなさんのお住まいの所はいかがでしょうか?

東北も春らしくなりましたが、明日から行く九州は25℃近くまで気温が上がる予想も出ていて、春というより初夏のような陽気になっているようです。
今回は、宮崎~熊本~福岡と見て回る予定です。
春の九州の風景を楽しんでこようと思います。

九州の風景はだいぶ先のUPになりますが、また写真をご覧いただけたらとても嬉しいです。

明日は夜勤明けで、夕方仙台空港から伊丹空港経由で宮崎へと向かいます。
それでは行ってきます!

写真は、一昨日撮った山形の春の風景です。
1枚目は数日前に開花したばかりの梅の花です。
c0172180_9401570.jpg


こちらは、満開の桃の花です。
c0172180_9422132.jpg


蕾のまだ多い梅の枝と山形空港にこれから着陸する飛行機です。
c0172180_9431083.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-04-08 09:46 | 日常 | Trackback | Comments(14)

青と緑が溢れる富山

新潟県糸魚川市の富山県境にある道の駅越後市振の関でのんびり休憩をした後、車はあっという間に富山県朝日町へと入りました。
朝日町に入り、間もなくヒスイ海岸と呼ばれる宮崎海岸がありました。
まさにヒスイが採れる場所として有名な海岸です。
糸魚川市の親不知で見た海岸と同じで小石がたくさん敷き詰められている海岸でした。
こちらの海岸では石拾いはしませんでしたが、真っ青な空と青い海、そして遠く新潟方面を臨むことができる海岸で、釣りを楽しまれている方もいてとってものんびりした雰囲気が伝わる場所でした。
写真は、宮崎海岸の様子です。
c0172180_2127471.jpg


c0172180_2127251.jpg


潮風と眩しいお日様の光を浴びて、再びのんびりした気分になり車へと乗り込みました。
朝日町とお別れしてお隣の入善町に入り国道から少し離れた道を走っていると、田園風景が広がり、青々とした稲が元気に伸びていました。
癒される田園風景に車を止めて写真を撮りました。ここ富山も美味しいお米の産地ですよね。
c0172180_21305185.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-04-06 21:31 | その他 | Trackback | Comments(10)

新潟から富山へ

道の駅 "親不知ピアパーク"で、澄んだ青空と青い海を見て、そして石拾いをしてのんびりとした時間を過ごした後、再び車に乗り込み国道8号線で富山方面へと向かいます。
前の日記でもお話しましたが、山々が海に突き出した荒々しい景色の中、右手に日本海、左手には崖が間近に見える高い所をドライブしています。トンネルなども多く、狭い所によくこのような道路を造ったものだと思いながら走りました。
途中、見晴らしのよい場所があり駐車スペースもあったので、少し車を止めて風景を楽しみました。
日本海に突き出た山々が遠くまできれいに見えました。
c0172180_11223466.jpg


風景を楽しみ、車は徐々に富山県との県境に近づいていきます。
勾配のある道から少しずつ平野部へと進み、しばらく走るとまたまた道の駅を発見しました。
こちらの道の駅は富山県境まで1kmもない所にある道の駅"越後市振の関" です。
名前の通り、昔は関所が置かれた場所でした。
この日訪れた他の2ヶ所の道の駅と違い、駐車している車の数は少なく静かな感じがしました。
写真は、道の駅 越後市振の関 です。
c0172180_1128408.jpg


道の駅の駐車場に車を止めて、道の駅の敷地内を散策すると、駐車場のすぐそばは海で、その手前にはJR北陸本線の線路が通っていました。海を間近に見ながら鉄道の旅も出来そうです。
c0172180_1132942.jpg


また、ベンチや藤棚もあって外の空気を吸いながらのんびり休憩できる場所もありました。
c0172180_11313746.jpg

[PR]

by sai-unn | 2009-04-05 11:33 | その他 | Trackback | Comments(4)